2014年07月26日

【ステマ】『イラストでまなぶ!世界の特殊部隊 ロシア・ヨーロッパ・アジア編』【ステマ】

イラストでまなぶ! 世界の特殊部隊 ロシア・ヨーロッパ・アジア編















かなーーーりおそーーーい宣伝とはなりますが

小泉 悠先生  速水螺旋人先生 にご協力頂き
部隊解説を私が担当致しました。

本邦初となる「ロシア特殊部隊」解説本です!!

ネットではその存在を知っても

どんな部隊?
どんなことを目的としているの??
これまでの実績は???

と疑問に思われた方々は、是非とも読んで頂きたいですね。
連邦軍、連邦保安庁など、六機関に存在する「スペツナズ」を知って頂ければ幸いです。

豪華イラストレーター方々のご協力のもと、可愛くそして凛々しい女性特殊部隊のイラストもありますので
楽しく読むこともできます、装備については私が監修しております。
装備の元ネタを知るとさらに楽しくなりますよ!


収録イラストの一部です。













最後にホビージャパン様 この場を借りまして舞台を用意してくれましたことを感謝致します。
ご意見ご感想お待ちしております。



【追記】 『イラストでまなぶ!世界の特殊部隊 ロシア・ヨーロッパ・アジア編』台湾語版の発売も決定致しました!! そして重版も決定しております!

皆様のご支援誠にありがとうございます。

台湾の皆様方にも読んでいただけるとはこれ以上ない喜びでございます。




  
Posted by CRS@空挺軍 at 22:51Comments(4)ニュース

2014年07月23日

SEALs Wolverines GAME

SEALs Wolverines GAMEにお邪魔致しました。

主催のKOTTA様お疲れ様でした、また承諾してくださり誠にありがとうございました。
某氏は、あとでルビヤンカに出頭するように

FSB所属特殊部隊を目指しているので、米軍特殊部隊コーデは参考になりました。
部外者から見ると米軍特殊部隊はカッコイイですね!

装備テーマとしては

GRUスペツナズ 偵察チーム



装備構成

頭:連邦軍採用デジタルフローラ制帽&GBSH-P-2
衣服:MODOX製スーツ
ベスト:6sh104
ブーツ:連邦軍採用ブーツ
リュック: SSO社製 BOBR

やっとAS-Valが登場したので、偵察兵装備が出来るというわけです。
NSPフレア(緑色の棒状のモノ)を肩辺りに装着するのがポイントです(笑)
もう一個装着すれば良かったかな?


装備参考例





今回のゲームで、twitterで御世話になっていますPJ氏
初の顔合わせでした、PJはナショジオの「アメリカ空軍 救難員日記(Inside Combat Rescue)」で知っていましたが
生で見るのは初めてでした。









最後にUOCでいつも御世話になっておりますmorizo氏との互いの正装にて!!
ずっとなぞのしょぞくぶたいでしたから、正装では初となります。













今度は米軍特殊部隊に負けないロシアタクティカル仕様で参戦したいところですね!
また宜しくお願い致します!!  
Posted by CRS@空挺軍 at 00:38Comments(4)サバゲ

2014年07月20日

ベスラン学校占拠事件にて殉職された特殊部隊員

ベスラン学校占拠事件

WIKIよりの冒頭を引用します。

2004年9月1日から9月3日にかけてロシアの北オセチア共和国ベスラン市のベスラン第一中等学校で、チェチェン共和国独立派を中心とする多国籍の武装集団(約30名)によって起こされた占拠事件。
9月1日に実行された占拠により、7歳から18歳の少年少女とその保護者、1181人が人質となった。3日間の膠着状態ののち、9月3日に犯人グループと治安部隊との間で銃撃戦が行われ
治安部隊が建物を制圧し事件は終了したものの386人以上が死亡(うち186人が子供)
負傷者700人以上という犠牲を出す大惨事となった。首謀者はチェチェン人のシャミル・バサエフ。


忌まわしいベスラン学校占拠事件から10年が経ちました・・・犠牲及びご家族の方々に哀悼の意を表します。

ベスラン学校占拠事件では、FSB特殊任務センター所属 アルファ・ヴィンペルが出動し、両部隊は
戦死 10名 重軽傷者 28名 という大損害を出した事件でもありました。

人質を救うために帰らぬ人となった、アルファ・ヴィンペルの10名の隊員にも敬意を表します。

残念ながら我が国では殉職された方々について何も情報がありませんでしたが、この場をお借りして
殉職されたアルファ・ヴィンペルの10名の隊員をご紹介したいと思います。

なお本件は、著名なロシア軍研究家である小泉 悠氏のご協力の元作成出来ました。
小泉先生誠にありがとうございました。


アルファ所属

Александр Валентинович Перов
アレクサンダー・ペーロフ少佐












ペーロフ少佐は学校に突入後、テロリストとの激しい戦闘中に被弾した同僚を救うために行動し
その最中、致命傷を負ったのも、しばらくの間、部隊の指揮を続けた。
その後テロリストが持ち場を離れる際に置き土産として、手榴弾を投げつけその先には
まだ子供達が残っており子供達を救うために、少佐は手榴弾に覆いかぶさり爆発を受け止めた。
その後救助隊が駆けつけたが、少佐は事切れていた。

享年 29歳 死後 ロシア連邦英雄を授章


Олег Вячеславович Лоськов
オレグ・ロスコフ准尉














准尉は脱出してきた少女二人を救助し、その後シェルターに向かって脱出を目指す人質達に射撃する4人のテロリストへ 向い
人質達の盾となり、殉職した。

享年23歳 死後 祖国功労勲章4級を授章
ベスラン学校占拠前の起こる3週間前に、結婚式を挙げたばかりであったという。


Вячеслав Владимирович Маляров
ヴャチェスラフ・ マリャーロフ少佐















少佐は学校に突入後、自分の体を盾にして人質の集められた部屋への銃撃を防ぎ、重傷を負った後も戦闘を継続したが
帰らぬ人となった。

享年 35歳 死後 祖国功労勲章4級を授章



ヴィンペル所属


Андрей Витальевич Велько
アンドレイ・ヴェリコ 少佐











少佐は学校に突入後、食堂に居た人質を廊下を通って避難させている最中に
突然側面から銃撃を受け、人質を守るために身を呈して反撃し、殉職した。

享年 30歳 死後 祖国功労勲章4級を授章


Андрей Алексеевич Туркин
アンドレイ・トゥルキン少尉












少尉は250名の人質が集められていた部屋に突入した。
その後テロリストが人質に向かって投げつけた手榴弾に覆いかぶさり、爆発から人質達を守り通した。



享年 28歳  死後 ロシア連邦英雄を授章


Дени́с Евге́ньевич Пудо́вкин
デニス・プドフキン准尉















人質の女性が負傷しており、彼は医療行為をしている最中に、テロリストが突如現れ撃ち合いとなったが
女性をかばい、テロリストを殺害するも自分も致命傷を負い帰らぬ人となった。


享年 30歳 死後 祖国功労勲章4級を授章

Дми́трий Алекса́ндрович Разумо́вский
ドミトリー・ラズモフスキー中佐










中佐はテロリストの発射地点を特定し、敵の銃撃を自分の方に引きつけ、テロリストが脱出する子供達に銃撃を加えている部屋へ突入した。
人質の救出中に致命傷を負い、帰らぬ人となった。

享年 36歳 死後 ロシア連邦英雄を授章


Михаил Борисович Кузнецов
ミハイル・クズネツォフ少佐









作戦行動中に20名の傷ついた人質を救出し、部隊の指揮を執り続けたが
テロリストとの銃撃戦で命を落とした。

享年 39歳 死後 ロシア連邦英雄を授章



Оле́г Генна́дьевич Ильи́н
オレグ・イーリン中佐














中佐は、自らにテロリストの銃撃を引きつけることにより、子供たちと負傷した非常事態省の救助隊員の脱出を支援した。
テロリストの攻撃により致命傷を負うが、自らの命を犠牲にして突入部隊の命を救い、残ったテロリストの殲滅を可能にした。


享年 36歳 死後 ロシア連邦英雄を授章



Рома́н Ю́рьевич Катасонов
ローマン・カタソフ中尉












部屋に隠れていた二人の子供を救出するためにテロリストの機関銃チームに
突撃するも、致命傷を負い殉職した。


享年 28歳 死後 祖国功労勲章4級を授章

殉職された方には、家族とお子様がおり今回の事件でも他人事でも無かったと考えるしだいです。
これまでのロシア特殊部隊のイメージを変えて頂くことが出来れば幸いです。  
Posted by CRS@空挺軍 at 23:15Comments(6)ニュース

2014年07月19日

集団緊急展開軍用迷彩服

集団安全保障条約 集団緊急展開軍用迷彩服
http://mountain3433.militaryblog.jp/e241895.html

本邦初となる迷彩服を入手しました!!!!
上記の記事でも紹介したように、限定された部隊のみ支給される迷彩服です。



服の性能と致しましては、Lv5(日本で言えば秋ぐらい)の天候に適した性能です。
ロシアでは御馴染みのデザインであるフード付きで、このフードは折畳むことも可能です。
ただ実際の運用としては、このLv5をメインとして着用していることが多いですね。

着用例













ただし今回入手したのは、階級章の配置が所謂旧型(胸と左袖)なので、服自体は旧型と言えるでしょう。
相互作用-2013では、階級章は肩に変更されています。

相互作用-2013 参加国 

左からカザフスタン・アルメニア・ベラルーシ・ロシア



ベラルーシ・ロシア



なおこの集団緊急展開軍用迷彩服(以下KSOR迷彩服)は、参加国共通迷彩服です。
ヘルメット・ボディーアーマー・ポーチ類は各国の標準迷彩にて対応します。
画像を見ると解るのですが・・・・









物凄い浮いていますが仕様です。

現場側はそこまで気にしていないみたいですね。



ゆくゆくは夏季服のLv4・帽子・靴も入手してみたいですね。
超絶難易度ですが・・・・実際このLv5も良く手に入ったなと思います。


【番外編】

集団緊急展開軍用迷彩服は、本来であれば集団緊急展開軍の作戦において着用する迷彩服であり
ロシア連邦軍として活動する場合は着用は認められないはずです。
ただしこのような事例が存在します。

Батальон ВДВ в ходе учений перебросят в Арктику

В Арктике прошли учения российских десантников

集団緊急展開軍に参加している第98親衛空挺師団(第331空挺連隊)が、ロシア連邦軍初となる
北極圏での作戦行動を意識とした降下演習を行いました。

北極の防衛に本腰を入れ始めたロシア

近年ロシア連邦において、北極圏防衛を意識し他国に先駆けて北極圏の権益を守ろうとする動きが
活発化しており、この第98親衛空挺師団の降下演習もその一環です。

では何故第98親衛空挺師団が参加し、KSOR迷彩服を着用しているのかというと
まず空挺軍は、空挺降下主任務とする関係上緊急展開能力に長けており、突発的な事態に対応できる
能力を備えていること。もう一つがKSOR迷彩服がロシア連邦軍の中で最新装備であり
-40℃まで耐えられる防寒性能があるからです。

この上記の理由により、弟98空挺が史上初となる北極圏での演習に参加したものだと推測されます。


第98親衛空挺師団 北極圏降下演習





元々KSOR迷彩服は砂漠地域を想定しているため、迷彩がかなり目立ってしまいます。
現場サイドでは冬季迷彩服を重ね着していますね、ベストにも冬季色を施すのはこの演習が初となります。

実は北極圏用の新型戦闘服を開発しているという報道があり、今回の降下演習で北極地域に対する戦闘や生活に関する情報が得られたので
北極圏用戦闘服の開発にもフィードバックされていると私は推測しております。

今回の降下演習は、ロシア連邦軍の北極圏進出の新たなる旅立ちとなった演習とも言えるでしょうね。

P・S KSOR迷彩については、もう一つネタがありますがオイオイ紹介するということで

  
Posted by CRS@空挺軍 at 01:49Comments(0)軍装迷彩

2014年07月16日

6Б7-1М

АРМОКОМ 6Б7-1М














ヘルメットコレクション(連邦軍向け)が拡張できました。




6B7
6B7-1
6B7-1M
6B27
6B28  
Posted by CRS@空挺軍 at 00:36Comments(0)軍装

2014年07月13日

ブログ復活します

諸事情によりブログを凍結処理しておりますが、色々と思うことがあって
再稼働致します。

再稼働に当り、これだけは書かせていただきます。

BUTEKS社 "KOBRA"
http://mountain3433.militaryblog.jp/e412459.html


このブーツは海外ロシア装備マニアの間で
この隊員が着用しているのがBUTEKS社 "KOBRA"かCrispi社 "Sahara"かで論争がありました結論は出ていません


私はCrispi社 "Sahara"の可能性もあると考えており、実際にコピーモデルとあってよく似ております。
なので両論併記として書いたつもりでしたが
どこかの誰かさんが、勝手に誤解釈して販売行為を行っていた事実を知りました。

このブログは、商品宣伝のために行っているわけではありません!!!
宣伝するのならご自身のブログで行っていただきたい!!!


商品を売るためなら、他の人を踏み台する行為には呆れております。
今後もこのような行為があるならば、ブログ記事は完全に抹消します。

以上  
Posted by CRS@空挺軍 at 23:29Comments(3)