2016年02月14日

1/31 東京サバゲーパーク

1/31 東京サバゲーパークにてАль-Хаят氏主催のマルチカム合わせに参加しました。
参加者の皆様お疲れ様でした。

カレーとスペツナズ(Аль-Хаят氏 執筆)
http://nsr300v.militaryblog.jp/



右にウクライナのアゾフ連隊がいるのは気のせい

Аль-Хаят氏と私



Аль-Хаят氏は最新ロットのDF2 MOLLE(エメラルド)を所有しておりましたので、比較してみました。

実エメ入手!
http://nsr300v.militaryblog.jp/e727393.html

新旧DF2 MOLLE



新旧の比較点は

1) Fortのロゴ色変更
2) MOLLEの固定用ウェビング色変更
3)全体的色が明るめに

という感じでしょうか? Аль-Хаят氏はフルセットを購入できたようで羨ましいですね!
私のは放出されたポーチのバラ売りをコツコツと集めたので色合いが違ったり
隊員の落書きがあったりします。

ロシア軍のすゝめの屑鉄氏もDF2 MOLLE(エメラルド)を所持しておりましたので
3体を同時に並べて見ました。屑鉄氏所有のは私と同じ仕様です。

ロシア軍のすゝめ
http://sovietrussia.militaryblog.jp/



こうしてみるとポーチの配列に個性が出てとても面白いものですね!

当日の装備




前々からやると言っていたAltynヘルメットとマルチカムとMOLLEの組み合わせがようやく出来ました!!
一通り完成して本当に良かったです!!この装備構成に惚れ込んで早何年....感無量です。
後は背面ポーチの見直しやホルスター位置を改善すれば、今の装着でまったく問題ないですね。
次はベルトパットを使った装備構成を考えております。FORT のダンプポーチが小さすぎて使いにくいことを除けば


FORT Technology Defender-2 MOLLE(Emerald)
http://mountain3433.militaryblog.jp/e666684.html

装備撮影

シールドを何時も持って来てくれるsatius氏には、何時も感謝しております。








P.S



実はこの写真を見たVОИН(ロシアギアメーカー)の中の人から
「君のこの前のゲーム写真をFSB特殊部隊(!)の指揮官(!!)が見て、凄い喜んでくれたよ!」とのコメントを書き込んでくれました。
本当に嬉しいです、感動してちょっと涙が出ました....
お世辞かもしれませんが、そう言って頂けるのは嬉しい限りです。これからも精進したいですね。  
Posted by CRS@空挺軍 at 23:14Comments(0)軍装サバゲ

2016年02月03日

LA016 LittleArmory RPKタイプ




リアルさと可動フィギュアとの組み合わせを両立した1/12スケール組み立てキット
「リトルアーモリー」の最新作LittleArmory RPKタイプ

今回もRPK製作のお手伝いをさせて頂きました!!



これからも東側銃器のさらなるバリエーションにご期待ください!

RPKの裏話

ロシア連邦軍はシリアにて空爆作戦を行っており、拠点であるフメイミム基地から多数の攻撃機が発進しています。
この基地警備にRPKを装備した兵士が確認されました。








シリア政府軍によって奪還された街Salmaの現地取材ツアーにアメリカ、ヨーロッパ、中国と日本(!)のジャーナリスト達が
参加した時に警備活動に携わったロシア連邦軍兵士達の中にRPKを装備した兵士が確認されており、完全にお払い箱ということではないみたいですね。
RPKが選ばれたのは、シリア政府軍の主力弾薬が7.62x39mm弾を使用する火器が多いことから弾薬の共通化を意識しているものと思われます。
なお外国人ジャーナリスト達にはロシア連邦軍のヘルメットとボディアーマーが支給されたようです 。

余談ですが、この海外ジャーナリスト達の現地取材を警護するロシア連邦軍兵士は、ロシアメディアだと
「海外ジャーナリスト達の現地取材を警護する礼儀正しい人達」と紹介されておりました(どんだけ礼儀正しい人が好きなんですか
また確定できるソースではありませんが、この現地取材を警護している部隊は
ロシア空挺軍特殊部隊 第45独立親衛特殊任務旅団ではないか?という噂話があることは記しておきます。

ロシア連邦軍人(礼儀正しい人)とシリア政府軍兵士



シリア政府軍側兵士が着用しているTシャツに描かれているのは、2015年11月24日 トルコ軍によって撃墜され、脱出降下中に地上からの銃撃により
戦死したSu-24の機長であるオレグ・ペシコフ中佐(ロシア連邦英雄追贈)です。彼の追悼の意味を込めてシリア政府軍兵士達が
着用し始めております。  
Posted by CRS@空挺軍 at 23:18Comments(0)ニュース