2017年08月14日

ФОРТ Технология Гладиатор-В (Gladiator-V)

ФОРТ Технология Гладиатор-В (Gladiator-V) を手に入れました。



ボディアーマー類を開発製造するФОРТ Технология 社によって開発され
2013年のИнтерполитех(防衛・セキュリティ産業合同展示会)でお披露目されました。
2014年にロシア連邦保安庁特殊任務センターに採用されております、また連邦軍参謀本部直轄特殊部隊 特殊作戦軍にも納入されているのでは?という話もあります。
画像を見る限りでは、ロシア連邦保安庁特殊任務センター隊員のみ支給されているみたいで地方の保安庁特殊部隊に支給されるのはまだ先かなと思われます。

Гладиатор(Gladiator)はА・В・С英表記:A・V・S)3種類があることが分かっております。

Гладиатор-А (Gladiator-A) マルチカムカラー
Гладиатор-В (Gladiator-V) マルチカムカラー
Гладиатор-С (Gladiator-S) グレーカラー+ベルトパット

まだ情報が出回っていないアーマーですので、詳細事項については割愛させて頂きます。

Гладиатор-В (Gladiator-V)は

ネックガード
ショルダーアーマー
サイドアーマー
グローインアーマー(前・後)

にて構成されており、必要がない場合は取り外し可能でプレートキャリアとしても運用できるデザインです。
サイドアーマーを連結するために、ファステックスがありますが着用の際に邪魔になるので殆どの隊員は取り外しております。
Defender-2 MOLLEではグローインアーマーにもPALSテープがありましたが、不評だったのかGladiatorでは削除され
デザインも変更されておりますね。



全てのパーツを装着するとこのようになります。



大型したネックガードはベルクロ止めです、DF2に比べてかなり大型化しております。

それまでのФОРТ社製品ではなかった、クイックリリース機能が追加されております。
ワイヤーはベルクロで固定されており、誤動作が無いようにしておりますね。(赤い紐については隊員の個人改造だと思われます)



資料によればГладиатор-В (Gladiator-V)一式セットの構成は

専用バック
アーマー本体
アーマー付属品
AKマガジンポーチ×8(仕様違い4個×2)
SMG用三連マグポーチ×1
レッグガスマスクポーチ×1
ラジオポーチ×1
二連手榴弾ポーチ×2
ユーリティポーチ×1
ダンプポーチ×1


のようで、これは同社のDefender-2 MOLLEと同じようなもので形も流用しております。
ただダンプポーチはもう少し大型して欲しいものです....




Gladiator-V・Defender-2 MOLLE




両アーマーを並べてみると設計思想が大幅に変更されたのが感じ取れますね。
Gladiatorは室内戦闘を意識した設計で、大幅な防御力向上が図られております。
ただパーツを付け外しが簡単に出来るので、プレートキャリアとしても運用ができます。
今後の保安庁特殊部隊のスタンダードアーマーになる日も近いと思われますね。

色々なポーチ配置があるので、色々と試しておりますがまだ納得出来ていない自分がいます。
これは今後の課題ということで一つ。



Гладиатор (Gladiator) ボディアーマー装着例














  
Posted by CRS@空挺軍 at 17:29Comments(0)軍装迷彩情報源

2017年06月12日

ロシア連邦軍新型砂漠迷彩服

ロシア連邦軍は中央アジアやアブハジア方面に駐留する部隊に熱帯服と呼称されている
熱帯地域用戦闘服を配布しており、この熱帯服は2011年に配布されました。
そして混迷が続くシリアにおいて、同国政府軍を支援すべく軍事介入を行い
フメイミム空軍基地を拠点として、各地で空爆作戦を行っております。

熱帯地域では標準型戦闘服であるVKBOでは不向きである為
既に実績のある熱帯服がシリアで勤務するロシア連邦軍将兵に支給されました。

熱帯服一式セット



着用例



しかし2017年から何やら奇妙な迷彩服を着用したロシア連邦軍将兵を見かけることになり
一体この迷彩服は何だ???と疑問に思っておりました。
シリア フメイミム空軍基地の戦勝記念パレードでも新型迷彩服の着用者が目立ちました。
以降この迷彩服を新型砂漠迷彩服と呼称することにします。

フメイミム空軍基地の戦勝記念パレード



新型砂漠迷彩服





そしてようやく赤星チャンネルのフメイミム空軍基地取材動画で正体が判明しました。
なんと熱帯服の更新を目的としており、以降はこの砂漠迷彩服が支給されることになりました。
ただし熱帯服事態は前述したように、中央アジアやアブハジア方面に駐留する部隊に支給されているので
この砂漠迷彩服はシリア派遣部隊専用なのか、熱帯服後継扱いなのか?結論は出せない状況です。

赤星チャンネル フメイミム空軍基地取材動画




新型砂漠迷彩服一式セット




撮影用なのか随分少ないですが、実際は下着類も数多く支給されるとは思います。
熱帯服一式セットにあったパナマハットは廃止されたようですね。

新型砂漠迷彩服 迷彩パターン



迷彩パターンとしてはデジフロに似ていますが、しかし随分と淡い配色ですね。
砂漠迷彩服としては非常に珍しいです。

着用例



北極迷彩服もそうなのですが、迷彩服色に対応したアサルトベストやボディアーマー類を支給しない方針みたいですね。
熱帯服仕様のアサルトベストやボディアーマーが先行で存在しているので、コストの絡みからか現実的では無いと判断され
新型砂漠迷彩服仕様の配布は当分の間は無いと見てもいいでしょうね。


最後に赤星チャンネルのフメイミム空軍基地取材動画では食堂でのインタビューの際に
後ろに水煙草が映っています(笑) 中東では水煙草が主流で、ロシア連邦軍将兵も嗜んでいる姿が垣間見れます。

  
Posted by CRS@空挺軍 at 21:59Comments(2)軍装迷彩情報源ニュース

2017年02月21日

露製品と米製品?

近年ロシア連邦保安庁所属特殊部隊に支給されている戦闘衣服セットを入手しました。
手に入ると思ってもみなかったので素直に嬉しいです!

この戦闘衣服セットは

フィールドジャケット
コンバットシャツ
コンバットパンツ


の一式で構成されています、コンバットシャツとコンバットパンツのデザインは特殊部隊装備においてスタンダードとなった
Crye Precision社製 G3 Combat Shirt™ G3 COMBAT SHIRT™のデザインをコピーしています(またコピーか)
ただジャケットの方は旧型のG2デザインを踏襲しているのが特徴的です。Crye Precision社製 G3は胴体部分に難燃性DRIFIRE生地を採用しているのですが
このロシアコピー品は難燃性生地を採用しているのか不明です。

ロシア連邦保安庁所属特殊部隊支給戦闘衣服セット



ロシア連邦保安庁所属特殊部隊支給戦闘衣服セット 着用例



そんな私でも九州の誰かさんに唆されて米国製品を購入することになろうとは夢にも思いませんでしたが(笑)

Crye Precision AC Combat Shirt
Crye Precision AC Combat Pants




所謂旧型製品でありますが、保安庁所属特殊部隊にも愛用されているのが確認できます。
ことこの戦闘服を選択したのは完全に隊員の好みだと思われますね。特殊部隊装備においてスタンダードとなったCrye Precision社の威光はロシアでも通じておりました。
«ДэнКом» ГСШ-4Э (Dencom GSSh-4E)ヘッドセットの紹介記事でも書きましたが、今のロシアにとって海外企業の浸透は面白くない傾向でありますので、衣服分野においても国産回帰という流れが見えてきたような気がします。
ただデザインに関しては言えばコピーに過ぎない製品が多いことから、デザイン分野においてもロシアデザイン戦闘服が主流になるのはまだまだ先だと思われます。
ただロシア装備メーカー各社もこのデザインに関しては自覚しているらしく、せっせとオリジナルデザイン戦闘服を売り出しておりますので、ロシアオリジナルデザイン戦闘服の今後が楽しみではありますね。

Crye Precision AC 着用例




なおCrye Precision社製 G3 と ロシアG3仕様と違いを纏めますと

1) 袖ポケットにあるCrye Precision社製を示す黒ロゴの有無
2) 胴体部分の色合い ロシアG3は濃いめの色合いです
3) コンバットパンツの腰の伸縮素材色

Crye Precision社製 G3コンバットパンツでは腰の伸縮素材にもMC柄がプリントされておりますが
ロシアG3コンバットパンツでは何と紫色ぽい何かになっております(笑)
比較してみるとその違いがよくわかります、なんでこんな色なんでしょうか??

上:Crye Precision AC
下:ロシアG3




ロシア連邦保安庁所属特殊部隊支給戦闘衣服セット付属 コンバットパンツ 着用例



世代が違う&ACの方は中古品ですが、本当によくコピーしておりますね.....
もうこれ以上衣服を増やしたくないのでアレですが本家G3との比較はしてみたいところではあります(笑)



こうしてロシア連邦保安庁特殊任務センター アルファが着用しているコンシャツが揃うことになるとは....
ウクライナ・アメリカ・ロシアという国際色豊かな、今の時代の流れを反映している光景になりました。

P1G-Tac Костюм тактический "TUU" ※廃盤品
Crye Precision AC Combat Shirt ※廃盤品
ロシア連邦保安庁所属特殊部隊支給戦闘衣服セット付属 コンバットシャツ(G3仕様)


  
Posted by CRS@空挺軍 at 03:05Comments(0)軍装迷彩

2016年12月19日

«ДэнКом» ГСШ-4Э (Dencom GSSh-4E)ヘッドセット

現在 ロシア連邦保安庁所属特殊部隊では聴覚保護のために
3M™ Peltor™ ComTac XP ヘッドセットが大量に納入され活用されています。
世界中の特殊部隊でスタンダードとなっている3M™ Peltor™ ComTac ヘッドセットは実用性が証明されているものですので
ロシアとしても活用するのは当然の事だと思われます。



ただ現在自国産業の育成を行い始めているロシアとしては、自国の特殊部隊に外国産が普及しているのは
面白くないことであり、ヘルメットを始め国産回帰の傾向があります。そして近年3M™ Peltor™ ComTacシリーズに
対抗できる自国産ヘッドセットが連邦保安庁所属特殊部隊に納入されていることが確認出来ています。
製品名は«ДэнКом» ГСШ-4Э (Dencom GSSh-4E)ヘッドセットです。
ただ納入が始まったばかりでそこまで配布されていないものと思われます。

«ДэнКом» ГСШ-4Э (Dencom GSSh-4E)





メーカーHP
http://dencom.info/

元々航空業界・製造業界向けの聴覚保護用ヘッドセットを製造販売していたメーカーで
近年軍・法執行機関にも聴覚保護のためのヘッドセットを納入し始めたみたいですね。

今回偶然にも«ДэнКом» ГСШ-4Э (Dencom GSSh-4E)フルセットが購入出来たので紹介してみたいと思います。
なお無線機本体はジャンク品で作動しません。





収納袋
ヘッドホン本体
接続ケーブル
予備パッド
純正PTT
ブームマイク


で構成されています。

ただヘッドセットデザインがまんま3M™ Peltor™ ComTacシリーズもしくはMSA SORDINヘッドセットなのはご愛嬌というヤツでしょうか?
Peltor™ ComTacシリーズ&MSA SORDINヘッドセット共にデザインの完成形なので仕方がないのかもしれません。
しかし本体に書かれた「MAID IN RUSSIA」が素晴らしいです(謎)

革製ヘッドバンドには会社名が書かれています。



電源スイッチ及び音量調整は本体下部のボタンで作動します。
またバッテリーはAAA(単四電池)でCOMTACのようなバッテリーカバーではなく
蓋取り外し式です、脱落防止用の紐も付属しています。



ブームマイクやケーブルはソケット接続です。
こちらも保護カバーも付いています。



専用PTTもコンパクトに作られていますね。
カバーはプラスチックではなくゴム製です。



全体図



ヘルメット着用を前提条件としたヘッドセットですので、物凄いコンパクトに出来ています。
こうしても見ると着用例が多いЛШЗ-1+(LShZ-1+)が欲しくなってきますね....
一応集音マイク保護カバーがあるのですが、接着されていないので非常に取れやすいです。
実際の隊員も面倒なのか始めから保護カバーを取っているのもあります。

着用例



FORT Voin Kiver RSP ヘルメット (Шлем ФОРТ Воин Кивер РСП) +«ДэнКом» ГСШ-4Э (Dencom GSSh-4E)



純ロシア製のみで頭部周りも構成できるようになりました。  
Posted by CRS@空挺軍 at 22:43Comments(0)軍装情報源

2016年11月09日

現用戦リエナクトイベント「オペレーション:コールドターキー04」 装備紹介 その2

ト「オペレーション:コールドターキー04」 装備紹介 その2
今回はバックパックの紹介です。



ドイツのリュックサックメーカーである deuter製のバックパックを着用しました。
これは近年 FSB特殊任務センター所属 アルファ部隊を始めとし数多くの事例が確認されています。
意外かと思われるかもしれませんが、FSB特殊任務センターを特集した有名なこの動画でも確認出来ておりますね。

Спецназ. Успеть вовремя/Special Forces. Just in time



deuter製 バックパック



着用例



実際に着用してみると同社の十八番である快適かつ安定性の高い背面システムのお陰で、フィット感と通気性が素晴らしいものでした。
これなら着用する隊員が見かけるのも解る次第です。deuter製の他にもイタリア製バックパックを着用しているとの情報もあり
ここら辺はまだ自国産ではなく、実績のある海外製を使っているものと思われます。
なおロシアお馴染みのマットパッドをバックパックに装着しているのは、特殊部隊員の真似で深い意味はありません(笑)
行軍の邪魔になるので、使わない時はバックパックに装着しているのでしょうか?

  
Posted by CRS@空挺軍 at 23:22Comments(0)軍装

2016年11月08日

現用戦リエナクトイベント「オペレーション:コールドターキー04」 装備紹介 その1

現用戦リエナクトイベント「オペレーション:コールドターキー04」が開催
http://news.militaryblog.jp/web/Operation-Cold-Turkey-4-report.html

参加レポートを掲載して頂きましたので、皆様お読み頂けると幸いです。
またミリブロ様のご厚意により、FBに九州現用戦リエナクトイベント「オペレーション:コールドターキー04」写真集
掲載されておりますので、当日の雰囲気を感じ取って頂けると嬉しい限りです。



当日の部隊メンバーであるバカーチン少尉氏の作成された動画です、見事な編集で素晴らしいものです!
夜間ミッションや森林での行軍、そして関係者の取締(笑)が取り上げておりますので、こちらも是非とも鑑賞してください!

Operation: COLD TURKEY 04




それでは「オペレーション:コールドターキー04」参加時装備解説を行っていきます。

当日の装備構成



山岳地帯での作戦とのことでしたので、ギリースーツ・チェストリグ・バックパックを装備しました。
実際に連邦保安庁所属特殊部隊では、こうした山岳地帯における作戦にてギリースーツを着用し
行軍しているのが確認できます。武装勢力が潜伏しているのに適している山岳地帯における捜索任務において
少しでも発見を遅らせるのにギリースーツを着用しているものと推測されます。また事前に武装勢力が移動する情報を
手に入れた際に待ち伏せる時も着用していることも確認できております。

実際の作戦行動





今回着用したギリースーツは、一応ロシア製とのことですがメーカーは不明です。
3Dメッシュ生地を使用しており破れにくい仕様となっています、上半身は最近流行りのハーフギリー型ですね。
チェストリグやプレキャリのことを考えると、ハーフギリーがスタンダードになるのも分かる気がしますね。

今回着用したギリースーツ



次はバックパックについてです。  
Posted by CRS@空挺軍 at 21:08Comments(2)軍装迷彩ニュース

2016年11月06日

現用戦リエナクトイベント「オペレーション:コールドターキー04」 パイロット版

10 月 29日 (土)・30 日 (日) 九州の現用戦リエナクトイベント
「オペレーション:コールドターキー04」に参加してきました。

去年の第 2 回「"プチ" コールドターキー」に引き続きの参加です!
今回は参加者が約70名という大所帯となりましたが、楽しい一時を過ごせました。
参加者の皆様お疲れ様でした!

ロシア 参加メンバー 一同



今回は舞台が山岳地帯ということで、ギリースーツを着用し作戦を行いました。
これは前回のコールドターキーの反省を踏まえての判断です。

当日の装備



作戦行動中



怪しい村?を偵察



装備の詳細は後日!  
Posted by CRS@空挺軍 at 20:48Comments(0)軍装ニュース

2016年09月18日

ЛШЗ-1+(LShZ-1+)について徒然と

近年ロシア連邦保安庁特殊部隊を中心に配布が進んでいるЛШЗ-1+(LShZ-1+)
Армоком(armocom)社が製造販売しています。同社はヘルメットやボディアーマーを製造販売しており
連邦軍を始めとする多数の武力省庁機関に納入実績がある老舗のメーカーです。



どう見てもOps-Core社製ヘルメットの影響を受けているとしか思えませんが
実際に連邦保安庁所属特殊部隊員達はOps-Core社製ヘルメットを着用しており、現在でも着用者が目立ちます。
近年ロシアの軍需品国産傾向と現場の声が合致して、製造された可能性が高いですね。



このЛШЗ-1+(LShZ-1+)には3つのバリエーション(以下Ver)がありまして
それぞれVer1・2・3と呼称されております。



Ver1 ヘルメット(ヘッドセット対応???)・NVGマウント装着
Ver2 ヘッドセットに対応可能なヘルメット形状・サイドレール装着・NVGマウント装着
Ver3 ヘッドセットに対応可能なヘルメット形状(大きく耳の部分をカット)・サイドレール装着・NVGマウント装着

別パーツ品としてナイトビジョンゴーグルの脱落防止などに使用されるバンジーコードもあります。
近年ロシアの一部の特殊部隊では、ナイトビジョンゴーグルを用いた夜間戦闘作戦を意識した演習を行うことから
ナイトビジョンゴーグルの紛失防止に役立つバンジーコードは必須なのでしょうね Ops-Core社意識しているなぁ

なお

Ver2をMid-Cut
Ver3をHigh-Cut

と呼称されていることも多いです。これはOps-Core社の基準に合わせた呼称で
非公式なものですが、分かり易くて良いと思いますね。
現在確認されているなかではVer1の着用例は見ません、殆どVer2・3です。
当初はVer3(High-Cut)が主流でしたが、ここ最近Ver2(Mid-Cut)の着用者も目立ちます。
色は連邦保安庁所属特殊部隊では黒が主流ですが、ロシア連邦軍所属特殊部隊 特殊作戦軍では緑色が支給されているようです。

ЛШЗ-1+(LShZ-1+) Ver3(High-Cut)



ЛШЗ-1+(LShZ-1+) Ver2(Mid-Cut)



この画像ですと、一番後ろの隊員がЛШЗ-1+(LShZ-1+) Ver3(High-Cut)で前二人がOps-Coreという珍しい組み合わせです。



前の隊員:ЛШЗ-1+(LShZ-1+) Ver2(Mid-Cut)
後の隊員:ЛШЗ-1+(LShZ-1+) Ver3(High-Cut)



モスクワ郊外クビンカの軍事公園「パトリオット」において開催された
国際軍事技術フォーラム「アルミヤ 2016」でのАрмоком社展示ブースに
ЛШЗ-1+(LShZ-1+)が展示されておりましたので撮ってみました。

Армоком社展示ブース



ЛШЗ-1+(LShZ-1+) Ver2・3



新製品としてЛШЗ-2+(LShZ-2+)が初公開されました。



Ver1の発展型として、ヘッドセットに対応可能なヘルメット形状・サイドレール装着・NVGマウント装着したモデルと考えていいでしょう。

ЛШЗ-1+(LShZ-1+)は今後ロシア連邦保安庁所属特殊部隊員の標準的なヘルメットとなる可能性が高いです。
Ver2(Mid-Cut)とVer3(High-Cut)は任務によって使い分けるのか、それも隊員個人な好みなのか不明ですが
どちらとも使われるヘルメットとして着用者が増えていくものと思われます。  
Posted by CRS@空挺軍 at 21:23Comments(0)軍装情報源ロシア旅行記

2016年06月07日

EL-POLLO Secondスペース出張編

EL-POLLO Secondスペース様にお邪魔しました!!
サバゲではなく撮影のみです。
今回の撮影企画に協力して頂きました 
SE0M氏 satius2氏 nsr300v_0808氏には心より感謝しております。



今回もAltyn+マルチカムですが、腰回りを変更してみました。
前回は腰回りに不満を感じていましたので新たに構築し直しましたが、納得の行くものとなりました。
Altynは連邦保安庁所属の特殊部隊を象徴するヘルメットでありますので、これからも機会があれば使って上げたい
ヘルメットです。最新型も色々と興味深いですが、やはりこのヘルメットは連邦保安庁装備を語るには欠かせないものですね。





最後にこのような素晴らしいスタジオを提供してくれましたEL-POLLO Secondスペース様に
深く感謝します、今後も機会があれば利用して行きたいですね。  
Posted by CRS@空挺軍 at 21:52Comments(0)軍装

2016年05月07日

5/1・5 F2プラント出撃編

5月1日編

カレーとスペツナズの執筆者であるАль-Хаят氏に
面白いフィールドであると誘われて行って参りました。
屋内の廃工場を元にしたフィールドで狭くもなく、ちょうど良い広さで素晴らしいフィールドだと思います。
廃工場でサバゲするのも面白いものですね!シチュエーションにも最適なフィールドでこれからも利用したいと思います。



5月1日の装備



SSO Shtormを買ったのも着用せずにいたので、この機会に着用してみました。
個人的には黒とエメラルドは合うものですね(笑)



こちらはオールドスクール装備のミハイル氏と比較画像
最新装備との雲泥の差が良く解りますね.....ここまで変化するものとは。



参考画像




5月5日編

「そうだ、バグラム行こう。」の執筆者である一飛曹氏が
F2プラントで遊びたいと申し出がありまして、すぐさま飛びついた次第です(笑)
なんとまぁ連続となりましたが、良いフィールドなのでまったく問題ありません!

5月5日の装備



個人的には好みのMil-Tec arid-woodlandです。
背中にダンプポーチを装着しているというと、元になる画像があるのです。
では何故に背中にダンプポーチを??というと理由がわかりませんけどね....



廃工場を捜索中という感じで....シチュエーションが最適です。




参考画像




一飛曹氏と私



充実したGWとなりました....皆様お疲れ様でした!!!

番外編




描いて頂き誠にありがとうございました!!  
Posted by CRS@空挺軍 at 23:01Comments(0)軍装

2016年05月04日

KSOR迷彩服フルセット

長年欲しいと思っていた迷彩服が全て揃いました。
集団安全保障条約 集団緊急展開軍用迷彩服 通称 KSOR迷彩服一式セットです!
初めてこの迷彩を確認してから....5年の月日を経てようやく入手できました....感無量です。



製造メーカータグ



集団緊急展開軍用が展開する(主に中央アジア方面において)環境・天候・気温に対応できる一人分の衣服セットを支給するものです。
着用者は任務で想定される天候等を考慮し、支給された衣服等を追加着用していく方針となっています。
2014年度からロシア連邦軍全軍に配布されたВсесезонный комплект базового обмундирования (ВКБО)「訳:全天候対応標準装備セット」
もこのKSOR迷彩服セットと同じ考えです、KSOR迷彩服セットはVKBOの試作検討モデルと言っても良いかもしれません。

KSOR迷彩服セット 解説

収納袋



大容量の収納袋で、この中に靴や衣服一式が入っています。

帽子・バラクラバ・靴下(夏・冬)



なお帽子については帽章を付けないことになっています、これは基準なのか不明です。



デザートブーツ(夏)・黒革ブーツ(冬)



夏用下着・冬用下着



支給先が空挺部隊であることから、あまり見ることがありません。
空挺部隊の誇りである「縞シャツ」を着用して任務に付くからです。
野営地で着用するぐらいでしょうか?

フリース上下



ユニ●ロで売っていそうなデザインなのはご愛敬(笑)

夏季用戦闘服



フードも付いており、襟周りに収納可能です。
これが基本となる戦闘服となります、階級章については旧型仕様で胸と左腕にあります。
わざわざ変更する必要がなく、現場判断で変えろという方針なのでしょうか?

ウィンドブレーカー



以前に手に入れたモノと同じなので、特段言うこともありません(笑)
現場ではウィンドブレーカーと下着で済ませている兵士もいます。
裏生地は灰色なので直ぐにわかります。



冬季用戦闘服



専用袋に収納されております。
北国に行かない限り着用しないとは思いますが(笑)

冬季用戦闘服の防寒フードは口回りの保護と聴音確保のための穴があります。






KSOR迷彩服 着用例





装備構成



KSOR(ロシア連邦軍)パッチが無いのでアレですが...この装備方針で行きたいと思います。
ヘルメットやアーマーが要りませんし


【番外編】

KSOR迷彩服は、本来であれば集団緊急展開軍の作戦において着用する迷彩服であり
支給先も集団緊急展開軍として参加する

第98親衛空挺師団 
第31独立親衛空挺旅団(注:今後数年間で、第104親衛空挺師団に改編予定)


に限定されるはずでしたが、今年になって突然第76親衛空挺師団にもKSOR迷彩服セットが配布されていることが判明しております。
第76親衛空挺師団は南オセチア紛争、クリミア半島併合、東部ウクライナでのボランティア活動(棒)にも参戦しているロシア連邦軍随一の即応部隊です。
集団緊急展開軍に第76空挺師団が追加という話も聞きませんので、何故配布したのか明確な理由がありません。

そして2016年4月24日頃に第76空挺師団は集団安全保障条約集団緊急展開軍に参加し、北極圏で演習を行いました。
近年ロシア連邦においては北極圏防衛を意識し他国に先駆けて北極圏の権益を守ろうとする動きが
活発化しており、今回は北極圏降下&救助活動演習を行いました。
同演習ではロシア地理学協会も参加しており、極地でのスペシャリストのアドバイスを受けながら、北極圏での作戦行動を学んでいるものを思われます。
この演習にロシア連邦軍随一の即応部隊である第76空挺師団が参加するとは驚きです。北極圏での権益確保に本腰を入れた始めた証拠なのかもしれません。

第76空挺師団 北極圏降下&救助活動演習








なんで案内板になんで東京があるんだよ!関係ないやろ!!いい加減にしろ!!!!

関連動画





  
Posted by CRS@空挺軍 at 00:13Comments(0)軍装迷彩情報源ニュース

2016年04月24日

本家ちゅうサバ開催?

本家ちゅうサバ開催?
http://ae119271.militaryblog.jp/e760898.html

詳細はバカーチン氏の方を参照してください(笑)
まれすけ氏、バカーチン氏、さよっさ氏お付き合い頂き誠にありがとうございました。



家屋突入訓練



早速Mil-Tec arid-woodlandを着用してみました。



値段の割には使えるコンバットシャツ&パンツだと思います。
DF2 MOLLEもプレートキャリアみたいなものですから、色々とポーチ類を変更すると楽しめます。
腰回りも色々と考えて行きたいですね。






連邦軍装備のさよっさ氏と
並んでみると解るのですが、装備構成の方向の違いが歴然として面白いです。
昔から比べると連邦軍も西側よりになっていますが、細部は独自の路線を行っていますので今後が楽しみなところです。



次回は九州の皆様と一緒サバゲが出来ることを祈って!!

  
Posted by CRS@空挺軍 at 21:33Comments(0)軍装迷彩

2016年04月24日

Mil-Tec arid-woodland

Mil-Tec arid-woodland



一部では気持ち悪い迷彩とか言われていますが、連邦保安庁特殊部隊員が着用していることで有名(?)です。
何故わざわざこのメーカーの迷彩服を着用するのか?それなりの品質での価格が手頃ということなんでしょうか?
例えば連邦保安庁ヴォログダ局ではMil-Tec arid-woodlandの着用者が確認できます。






連邦保安庁特殊部隊員 着用例






装備例



正直言ってマストアイテムではありませんが、面白いアイテムの一つです。  
Posted by CRS@空挺軍 at 21:11Comments(0)軍装迷彩

2016年03月21日

3月20日 ピースメーカーゲーム

ピースメーカーゲームにお誘い頂き、参加してきました。
参加者の皆様お疲れ様でした。

インド・ロシア軍合同山岳演習 
Индра-2010(インドラ-2010)第34山岳自動車化旅団員装備を再現しています。
久しぶりの山岳フローラ迷彩服です(笑)



参考画像



インドラ-2010での山岳旅団装備はこのブログで何度紹介したので、詳細な解説を行いませんが
ようやく形になったので感無量です。山岳フローラ迷彩服も多種多様な任務に使われており
汎用性が高い迷彩服ですので、一着あると使い回しが効くので大変お勧めです。



作戦行動中

  
Posted by CRS@空挺軍 at 19:25Comments(0)軍装

2016年02月14日

1/31 東京サバゲーパーク

1/31 東京サバゲーパークにてАль-Хаят氏主催のマルチカム合わせに参加しました。
参加者の皆様お疲れ様でした。

カレーとスペツナズ(Аль-Хаят氏 執筆)
http://nsr300v.militaryblog.jp/



右にウクライナのアゾフ連隊がいるのは気のせい

Аль-Хаят氏と私



Аль-Хаят氏は最新ロットのDF2 MOLLE(エメラルド)を所有しておりましたので、比較してみました。

実エメ入手!
http://nsr300v.militaryblog.jp/e727393.html

新旧DF2 MOLLE



新旧の比較点は

1) Fortのロゴ色変更
2) MOLLEの固定用ウェビング色変更
3)全体的色が明るめに

という感じでしょうか? Аль-Хаят氏はフルセットを購入できたようで羨ましいですね!
私のは放出されたポーチのバラ売りをコツコツと集めたので色合いが違ったり
隊員の落書きがあったりします。

ロシア軍のすゝめの屑鉄氏もDF2 MOLLE(エメラルド)を所持しておりましたので
3体を同時に並べて見ました。屑鉄氏所有のは私と同じ仕様です。

ロシア軍のすゝめ
http://sovietrussia.militaryblog.jp/



こうしてみるとポーチの配列に個性が出てとても面白いものですね!

当日の装備




前々からやると言っていたAltynヘルメットとマルチカムとMOLLEの組み合わせがようやく出来ました!!
一通り完成して本当に良かったです!!この装備構成に惚れ込んで早何年....感無量です。
後は背面ポーチの見直しやホルスター位置を改善すれば、今の装着でまったく問題ないですね。
次はベルトパットを使った装備構成を考えております。FORT のダンプポーチが小さすぎて使いにくいことを除けば


FORT Technology Defender-2 MOLLE(Emerald)
http://mountain3433.militaryblog.jp/e666684.html

装備撮影

シールドを何時も持って来てくれるsatius氏には、何時も感謝しております。








P.S



実はこの写真を見たVОИН(ロシアギアメーカー)の中の人から
「君のこの前のゲーム写真をFSB特殊部隊(!)の指揮官(!!)が見て、凄い喜んでくれたよ!」とのコメントを書き込んでくれました。
本当に嬉しいです、感動してちょっと涙が出ました....
お世辞かもしれませんが、そう言って頂けるのは嬉しい限りです。これからも精進したいですね。  
Posted by CRS@空挺軍 at 23:14Comments(0)軍装

2016年01月11日

北極用迷彩服

現在 ロシア連邦軍は北極圏の防衛に本腰を入れ始めており
今年もさらなる拡張が予想されます。

迷彩服をまとった北極
http://jp.rbth.com/multimedia/infographics/2015/11/10/539003

ショイグ国防相:北極および西方向での活動が強化される
http://jp.sputniknews.com/politics/20151211/1306833.html

北極圏に展開した防空システムПанцирь-С1
独自の迷彩が施されていることに注目です。



そんな中ロシア海軍北方艦隊隷下の部隊に、これまでの雪中迷彩とは違う迷彩服が支給されていると
話題になっておりました。ロシア連邦軍においては雪中迷彩スーツを迷彩服の上に羽織るものでありましたが
専用の迷彩服が支給されるのはこれが初めてです。この専用の迷彩服が支給されている部隊は第80独立北極自動車化歩兵旅団であることが判明しています。
暫定的に北極用迷彩服として呼称したいと思います。
迷彩パターンとしてはデジタルフローラに近く、パターンは同じで迷彩柄を雪中仕様にしたものと思われます

北極用迷彩服





そしてあるロシア人ブロガーが、この北極用迷彩服一式セットを公開しておりました。
見る限り、VKBOに近いデザインで下着・衣服までバックに詰められて支給されるようです。
VKBOがロシア連邦軍の標準型戦闘服仕様になった以上、これから配布される戦闘服はVKBOに準じた仕様になるのは当然とも言えます。

Обмундирование Арктических мотострелковых бригад.
http://rus-voenkom.livejournal.com/610.html

現在 第80独立北極自動車化歩兵旅団を中心に配布が進んでおり、その姿を見ることが出来ます。
ただし同旅団では通常のVKBOも支給されていることから、基地内勤務等で使い分けているのでしょう。
第80独立北極自動車化歩兵旅団は北極圏防衛のために新設された部隊であるので、この迷彩服のテスト運用を行っているものと
推測されます。このテスト運用しだいでは北方艦隊の標準迷彩服化や一部空挺軍や海軍歩兵も着用するかもしれません。





第80独立北極自動車化歩兵旅団





ただ一つ謎なのが、6sh116を初めとするアサルトベストやポーチは通常のデジタルフローラのままで
北極用迷彩仕様のアサルトベストやポーチが出回っていないことです、ポーチ類は白のテープや塗装でごまかせという判断なのか不明ですが
ゆくゆくは北極用迷彩仕様のアサルトベストやポーチが出回るのではないでしょうか?  
Posted by CRS@空挺軍 at 21:00Comments(0)軍装

2015年10月25日

FORT Voin Kiver RSP Helmet (Шлем ФОРТ Воин Кивер РСП)

FORT Voin Kiver RSP Helmet (Шлем ФОРТ Воин Кивер РСП)を入手しました。

近年、ロシア連邦保安庁所属特殊部隊員を中心に配備されているヘルメットです。
射撃競技会や掃討作戦で使われているヘルメットなので欲しいと思っておりましたが
ようやく入手できました。



ヘルメットカバー3枚(黒・マルチカム・エメラルド???)
地域任務特殊課隊員が使っている灰色も欲しいと思っています。
現場での画像では、殆ど灰色かマルチカムです。

ヘルメットカバー




着用例




ロシア国防省の機関紙「赤い星(クラスナヤ・ズヴェズダー)」が製作した有名な"Special Force. Just in Time"において
家屋突入作戦を披露する連邦保安庁 特殊任務センター所属 ヴィンペルがVoin Kiver RSPヘルメットを着用していますが
ヘルメットカバーを装着せずに行動しています。



家屋突入作戦時 連邦保安庁 特殊任務センター所属 ヴィンペル部隊員



この動画では連邦保安庁 特殊任務センター所属の隊員が、PP-19-01Vityazを用いた訓練シーンでも着用しています。
LCT製PP-19-01Vityaz買わないと....



中にはヘルメットカバーなんぞいらねぇ!! 塗っちまえ!!というツワモノもおりますが(笑)



基本的にヘルメットカバーを装着しているのが興味深いところです。

ヘルメット内部



着用しても西側のヘルメットに近い装着感で、大変気に入りました!
またヘルメット内部にはベルクロがあり、ヘルメットカバーが装着しやすいのが最大の特徴です。
これは素晴らしいアイディアでOPS-COREとは違い、取り外しが凄い楽です!
このヘルメットはヘッドセット対応にしておる、ヘッドセットを装着しても違和感なくヘルメットを着用できます(ここら辺は西側を意識していますね)
聴覚機能保護と無線連絡の取りやすさを兼ね備えたヘッドセットは、ロシア特殊部隊でも浸透しています。



ヘルメット正面のはすっかり軍用ヘルメットのスタンダードとなったナイトビジョンマウントです。
米軍制式のナイトビジョンマウントを装着してみましたが、確実に装着できます。
これで夜間作戦も対応可能ですが、当のロシア特殊部隊が米軍のような夜間作戦をやるのかというと疑問ですが
ただし訓練や射撃大会では、夜間戦闘を行っていますので今後の展開しだいでしょうか?

一つ謎があります。
私の入手したのがOPS-COREみたいなチンストでした。
というのも先程紹介したヴィンペル部隊員のは、チンカップが装着されていました。
細かいことですが彼らのが初期生産モデルで、私のが後期生産モデルなのか??という疑問が湧いてきました。



もっと言うとヘルメットカバーも違っていたりします。
初期?のは後部ベルクロが2ヶ所ありまして....謎が謎を呼ぶのでこれくらいにしておきます(笑)



Voin Kiver RSP Helmet を手に入れたので、Defender-2 MOLLE(Emerald)のポーチを組みなおしました。
次回のゲームに早速投入してみたいと思います!!

  
Posted by CRS@空挺軍 at 23:48Comments(0)軍装

2015年07月19日

第45独立親衛特殊任務連隊着用迷彩服

ついに今年度最高のアイテムが到着しました!!

костюм камуфлированный Спецназ 'Лебедь'лето



あえて日本語訳にすれば「特殊部隊用戦闘服『白鳥』夏用」でしょうね。

何故この迷彩スモックが最高のアイテムなのか? これには深い理由があるのです。
2008年に著名写真家 Vitaly V. Kuzmin氏が、クビンカで開催された航空ショーにおいて
空挺軍所属特殊部隊 第45独立親衛特殊任務連隊(当時は連隊ですが、旅団化への格上げが決定)がデモンストレーションを行った画像を公開しました。

МАФ "Крылья Победы" в Кубинке часть 3 - Показательное выступление ВДВ (Aviation festival "The Wings of Victory" in Kubinka part 3 - VDV show)
http://vitalykuzmin.net/?q=node/69




この時に連隊員が着用していたこの迷彩服に、私を含め全世界のロシア装備愛好家は驚きました!

なんだこの迷彩服!??

ネット上で喧々諤々の議論を繰り広げましたが、誰一人明確な回答を出せませんでした。

この後南オセチア紛争が勃発し、第45独立親衛特殊任務連隊も出撃命令が下りました。
紛争の最中にも、この謎の迷彩服を着用した連隊の姿が確認できております。
しかもこの第45連隊しか着用例が確認されていないのです。

本当に謎の迷彩服でしたので、入手できたのはとても嬉しいものです!!

第45独立親衛特殊任務連隊 南オセチア紛争時



と前置きが長くなりましたが、この迷彩服についての詳細を見てみましょう。

全体的なデザインは、イギリスのArktis(アークティス社)が販売しているスロットボタン仕様のスモックに良く似ています。



ただし胸にベルクロポケットが追加、袖にもポケットが追加されていたりと細部に渡り色々変更されているのが特徴的です。
スボンにもポケットがあり、色々と物が入れられる仕様となっているようですね。
一応夏季用という名目ではありますが、生地が厚いので日本の夏には不向きです(笑)
この迷彩服は南オセチア紛争後でも、第45連隊以外は着用せずに同連隊のみが着用し続けましたが
現在では同連隊での着用は確認できておらず、短命に終わった迷彩服でもありました・・・



この迷彩服の迷彩パターンはIZLOMと呼称されておりますが、近年国内軍(内務省軍)特殊部隊に採用され始めている迷彩パターンに良く似ています。

IZLOM/SKOL迷彩
http://mountain3433.militaryblog.jp/e236372.html

しかし比較してみると迷彩パターンは似ていますが、色合いが違っていること気づきます。
IZLOMの亜種として認識するのが自然だと思いますね。



第45独立親衛特殊任務連隊 着用例



この当時の連隊は旧カラーのMOLLE SMERSHを愛用しているため、現時点での再現はとても難しいですが・・・・なんとか再現してみたいところですね。


  
Posted by CRS@空挺軍 at 00:23Comments(1)軍装迷彩

2015年07月14日

ロシア連邦軍 憲兵 その3

ロシア連邦軍 憲兵もようやく最終回です(謎

ロシア連邦軍 憲兵エンブレム




今回は憲兵の常勤服についてです。 常勤服についてはこちらを

ロシア連邦軍 常勤服
http://mountain3433.militaryblog.jp/e648118.html

ロシア連邦軍 常勤服の公式下着(Tシャツ)を手に入れましたが、本当にただのTシャツです。経費削減もここまで来たか!という感想しか出ません。



憲兵 常勤服



基本的には陸軍と同じ服装ですが、袖章と兵科章が違うだけです。
以前は兵科章を襟に装着しておりましたが、常勤服では肩章に装着する方針が多くなってきます。

憲兵 准尉で一着組んでみました。左胸の名前は製作してもらいます(笑)



大規模演習「ヴォストーク2014」において憲兵隊の打ち合わせ時に
常勤服でも腕章を装着しておりました。
もう一個腕章を買って再現してみたいと思います。常勤服 半袖もそのうちに!

大規模演習「ヴォストーク2014」 憲兵隊 常勤服



余談

ロシア連邦 クリミア共和国(!?) セヴァストポリにも憲兵隊が確認されました。
ただし海軍と同じ黒色で、黒ベレーに縞シャツというこれまでに見ない服装です。
まだ詳細に調べていないのですが、セヴァストポリには海軍しかいないはずなので
海軍将兵を憲兵の任に就かせているのかもしれません。

  
Posted by CRS@空挺軍 at 23:04Comments(0)軍装情報源ニュース

2015年07月13日

ロシア連邦軍 憲兵 その2

前回はロシア連邦軍 憲兵の創設の話でしたが、今回は装備についてです。

基本的にはロシア連邦軍装備(VKBOや6B7-1M・6B23・6sh112)を着用しております。
最大の相違点は、専用の赤ベレー憲兵腕章が支給されることです。

ロシア連邦軍 憲兵



何故赤ベレーなのかは明確な理由が記されておりません。
容疑者の取り締まりを行う関係上、逮捕術に対する訓練も導入しています。
武装も催涙手榴弾・警棒・非致死性拳銃PB-4SP (ПБ-4СП)・シールド・バイザー付きヘルメットを導入し、暴徒鎮圧任務にも従事する可能性もあります。
容疑者を拘留する装備も導入しています。



腕章については試験運用からデザインが試行錯誤されており、その変化を見ると非常に面白いです。
以下の画像は2014年以前のモノです。



現在はこのような仕様で統一されました。
ロシア国旗と軍管区章と憲兵章はベルクロで取り外しできます。
腕章も2014年以前は左肩でしたが、2014年以降に運用が本格化すると右肩に変更となっています。

憲兵腕章 現行モデル



ただこの画像のように全てが統一されているわけでもないようで・・・謎です



この憲兵バッジも2014年以降は装着しているのを見たことがありません。
廃止されたのか単に装着していないのかこれも謎です。



実際に活動を開始した憲兵隊は、2014年9月19~25日に掛けて実施された大規模演習「ヴォストーク2014」に参加し
軍人や民間人への警邏・検問・重要施設の警護・部隊が移動する際の交通安全の確保等に従事しています。
大規模演習に憲兵隊が活動を行うのは、「ヴォストーク2014」が初めてのことです。

大規模演習「ヴォストーク2014」 憲兵隊




Участие военной полиции в СКШУ "ВОСТОК 2014"


大規模演習「ヴォストーク2014」にて憲兵隊は、ロシア連邦麻薬流通監督庁(FSKN)及び同庁所属特殊部隊 GROMとの合同演習を行いました。
連邦軍とFSKNが合同演習を行うのは極めて異例のことです。
つまりFSKNが出てきた時点で、憲兵隊には麻薬関連の取り締まりの権限は無いということなります。
これも省庁間の仕事を互いに奪い合わないという方針なのでしょう。連邦軍とFSKNが合同演習をこれからも続けるかどうか注目してみたいところですね。


大規模演習「ヴォストーク2014」 憲兵隊&FSKN 寄宿舎 麻薬探知犬での検査



大規模演習「ヴォストーク2014」 憲兵隊&FSKN GROM 麻薬密売人のアジトへの強襲演習

  
Posted by CRS@空挺軍 at 22:49Comments(0)軍装情報源ニュース