2012年01月30日

SRW その2

SURVAIVAL CORPS社の

CARGO Day Butt Pack
DELTA Holster
Drop Leg Platform M.O.L.L.E




を購入しました、本当は全てウッドランドにしたかったのですが・・・
どうにもこうにも再生産のメドがなく、問い合わせてもSURPATを(ry

組み合わせ例




何故か不思議なことに、国内軍特殊部隊ではウッドランド迷彩の着用が認められます。
かつての敵国の迷彩とは言え、これは実に興味深いことです。







この隊員は旧ソビエト製のグレネードポーチを使用しています



次はこの左の隊員の軍装を再現しようかと考えています、この絶妙なアンバランスが素敵です
SURVAIVAL CORPS社のSURPATを買わずに、他国迷彩を買うという方針になりつつありますね(笑)

だ が そ れ が い い  

Posted by CRS@空挺軍 at 00:51Comments(3)軍装

2012年01月25日

Сумрак(SUMRAK)迷彩

Сумрак(SUMRAK)迷彩服を手に入れました





この迷彩パターンは、空挺軍の演習の際に
第45独立親衛特殊任務連隊の隊員達が着用していました。

第45独立親衛特殊任務連隊









独特のデジタル迷彩パターンのが特徴的です。

装備例



第45独立親衛特殊任務連隊員って迷彩を変えまくりますね・・・理由があるのか知りませんが
次回のサバゲはこの迷彩服を着てみようと思います。
  

Posted by CRS@空挺軍 at 01:57Comments(5)迷彩

2012年01月08日

フォレストユニオン戦

フォレストユニオンの定例会に参加してきました

軍装はGRUスペツナズです
BOBER SPOSN Rucksackを取り入れました、やはり偵察部隊にはリュックは必要ですね
本当は胸のグレネードポーチにモスカートを入れたいのですが、暴発の可能性大のため断念






友人達と共に



ローデシア軍南アフリカ陸軍 IDF ロシア軍という曰くつきの軍隊ばかりで・・・

ほむほむパッチはネタですよ ネタ!!

<追記>
ローデシア軍では無く、南アフリカ陸軍とのことでした 訂正してお詫び申し上げます

  

Posted by CRS@空挺軍 at 20:27Comments(10)サバゲ

2012年01月04日

6B28 ヘルメット

6B28ヘルメットを入手しました



どうしてこの軍隊はヘルメットの種類が多いのかと小一時間(ry

このヘルメットは、それまで空挺軍にて使われていた
降下帽をヘルメットに置き換える目的で開発されました

降下帽 着用例





空挺降下中の耳保護は、このヘルメットカバーに縫い付けられている耳当てにて行います
使わない時はカバーに収納出来、邪魔になることはありません





左 6B7-1 右 6B28


違いは天辺が6B28ですと平たくなっているのですが、写真では判り難いかもしれません・・・
余談ですが、6B7-1と比べて凄い軽いです、本当に軽いです
空挺降下用という関係上かもしれませんが、防弾には期待しない方が良さそうです

あとロシア軍ヘルメットにおいてライナーというのは
無いのであしからず、紐バンドで代用しています



ヘルメットの止め具は興味深い造りで、直ぐに外れるような造りになっています
恐らく降下後のパラシュートが絡まった際にヘルメットを直ぐに外せる目的だと推測しておりますが
良くわかっておりません・・・・



6B7-1ですと金枠に一回通してからボタン止めという構造で、ヘルメットによって
止め方の違いがあるのも非常に興味深いことです



6B28 6B23 6sh112 フルセット



デジタルフローラ迷彩版を集めようとなると・・・億劫になりますorz
アーマーとポーチは勘弁してください~orz

着用例









しかし本当にボディアーマー・ヘルメット・アサルトベストをやたらに採用するのでしょうかねこの軍隊
  

Posted by CRS@空挺軍 at 20:26Comments(2)軍装