2015年09月29日

ロシア旅行記 第4日目 その1

この日はモスクワ郊外のあるクビンカにあります、クビンカ戦車博物館&軍事愛国公園「パトリオート」を訪問してきました。

皆様お聞きのように、世界中から集めた300両以上の戦車・装甲車が展示されており、世界中でここにしかない車両もあり
前々から是非とも行きたい!という博物館でした。
なお現在クビンカ戦車博物館は、2014年の国防省令により軍事愛国公園「パトリオート」として改称されていますが、ここでは馴染みのクビンカ戦車博物館と呼称しています。
また軍事愛国公園「パトリオート」は現在どのようになっているのかも確認してみたいと思っておりました。
今年6 月 16 日~ 19 日に開催された軍事展示会「アルミヤ-2015」の会場でもありました。
そのために整備したという印象が拭えませんが、ここを愛国者を育てる憩いの場として建設が進んでいるのは事実です。

2016年 9月に軍事愛国公園「パトリオート」で「アルミヤ-2016」を開催するとのことで、愛国者を育む活動は地道に行っています。

既に 450 億円以上の資金を投入、ロシア版「ミリタリー・ディズニーランド」の建設が進む
http://news.militaryblog.jp/e666311.html

元・デルタのラリー・ヴィッカーズ氏、ロシアのクビンカ戦車博物館をレポート
http://news.militaryblog.jp/e675799.html

クビンカ駅



アルミヤ-2015の看板外せよ!とは思いましたが、なんとういうか駅の整備がまったくされておりません。
ここが本当に博物館や愛国者公園がある場所なのか???と疑問に思いました。

クビンカ駅 周辺



公園建設に莫大な金使っているのだから、駅周りにも金使ってやれよ!!!!
と叫びたくなりましたが、ここは抑えて博物館へのルートを聞くために青いベレー帽を被った軍人さんに聞いてみました(笑)

「博物館へか? 直通バスがあるからそれで行くといい」と親切に教えてくださいました。



余談ですが、彼らの所属は空挺軍所属特殊部隊 第45独立親衛特殊任務連隊です。
クビンカには彼らの駐屯地があるのです。特殊部隊の他にも空軍基地があったりと軍の街というところですね。
次回は中に入れないにしろ外面だけでも見てみたいものです。

でここがそのバス乗り場



小泉先生と相談し、タクシー呼んだ方が早いという結論に・・・・直通バスはあるにはあるのですが本数は少ない感じでした。
捕まえたタクシーのおじさんが、ベラルーシの出身で元BMP-1乗りということが判明し車内で楽しく過ごせました。
おじさん曰く「現役時代にはBMP-2は無かったもんだから、普通にBMPって読んでいたなぁ

タクシーの車内



そしていよいよ・・・戦車マニアの聖地に入ります!



続く!  
Posted by CRS@空挺軍 at 00:45Comments(0)ロシア旅行記

2015年09月13日

ロシア旅行記 第2~3日目 その2

引き続きMAKS(ロシア語: Международный авиационно-космический салон, 国際航空宇宙サロン)
の展示物や会場内の警察や軍についてです。

会場内の警備は警察と国内軍が担っておりました、軍警察(憲兵)は会場では誰一人確認できておりません。
以前のニュースや画像で連邦保安庁のアルファも、MAKSに来ていたようですが
これも確認できていません。アルファに関しては開催日にプーチン大統領を初め首脳陣が来ていたので
その警護に当たっているものと推測されます。開催日に行けば会えるかもしれませんね。

過去のМАКСで確認されたアルファ




警察



警察と交通警察が任務に就いておりました、女性警察官も数多く見られましたね。
でも態度が日本の警察と違い、なんかダルそうに警備しておられましたね、しょっちゅう携帯(個人のか??)を弄っておりましたし
まぁ昔の警察(民警)とは違うとのことでしたので、段々と変化しつつあるのは感じ取れました。



駅周辺ではバスで休憩していました、駅周辺には明らかに自分の車で通勤している痕跡(車内に制服)があったりと
我が国とは違う雰囲気を醸し出しておりました。

OMON

これが航空ショー最大の驚きでしたね、部隊の任務特性上ありえない話でもないです。
巷で言われているようなヤクザな雰囲気を醸し出しており、正直に言って話したくもないですね。
まだ警察は話が通じる相手ですが、彼らの話の通じなさは後姿でわかりますw
着用していた部隊章が気になったので、追ってみたところ・・・・



内務省直属の特殊任務センターに所属するЗубр



OMONの中でも一番の精鋭でヤバイ部隊でした!

まさかこのような形で出会うとは・・・近づかないでおきましょう。

国内軍



徴兵された若い兵士達が警備しており、基本的に立ちんぼでした。
見るからに退屈そうにしておりましたね。時々衛生兵と上官が見回りに来ていました。
本当にお疲れ様ですと言いたくなりました。

ロシア連邦軍 空軍



柵の内にて関係者に説明しており、非番の者は会場を巡っていました。
採用されたばかりの常勤服を着用していますね。

展示物

国際航空宇宙サロンとあるように、航空・宇宙に関連する企業が数多く出展しています。
航空機メーカーに関連する、エンジン・モーター等各種部品 塗装 工具 と多くのメーカーが商談を求めて各国からやってきます。
こういう大中小メーカーの展示品を見るのも楽しみの一つですよ!!



I. Amraamski氏のKTRVの新型誘導兵器については必見ですので、是非とも



次回の旅行記は ああロシアの鉄よ永遠 愛国者の姿 です ご期待ください!!


おまけ 美女揃いの御国です

  
Posted by CRS@空挺軍 at 03:10Comments(0)ロシア旅行記

2015年09月12日

ロシア旅行記 第2~3日目 その1

ロシア旅行記の目的の一つである

MAKS(ロシア語: Международный авиационно-космический салон, 国際航空宇宙サロン)






へと行きました!ロシアで奇数年の8月に開催される航空ショーであり、航空・宇宙関連企業が出展する一大見本市の側面もあります。
同行くださいました小泉先生の記事を読まれた方も多いかもしれませんね。

変貌するロシア軍-2 危機下のモスクワ航空宇宙サロン:中国・イランの存在感と「航空宇宙軍」の創設
http://bylines.news.yahoo.co.jp/koizumiyu/20150902-00049104/

8月25~27日までが、業者招待日
8月28~30日までが、一般開放日

という日程です、今回は高いですが業者招待日のチケットを入手して入場しています。
これには理由がありまして・・・

会場へはОтдых駅から直通バスがあり、バスで会場まで行きます。
事前申請すれば車で行けますが、基本は駅からの直通バスです。



でこの直行バスは回転しているのですが、如何せん収容人数が少ないので結構待たされます。
これが一般開放日ですと、物凄い人数が来るので帰るのに時間がかかってしょうがありません。
今回は機体撮影や展示ブースが主目的なので、業者招待日を選択したのです。
各種アクロバットチームを見たいのであれば、一般開放日をオススメします。


Отдых駅



駅周辺になると警察がウヨウヨと・・・直行バス乗る前にも検問があるので注意しましょう。
バックの中身チェック・電子機器の電源オン確認等があります。

もちろん会場内に入る前に検問がありますが、そこで見た面白い出来事がありました。
会場内へのペットボトルの持ち込みは禁止されておりませんが、持ち込んだ場合はその場捨てるということはありません。
私の前で警官のチェックを受けていた人が、ペットボトルの中身をついて聞かれたあとに警官が

「じゃあ この場で飲め!」

と指示していました(笑) そこは捨てるのではなく飲ませるのか・・・と感心してしまいました。
そりゃ確かに飲ませればいいですけど ロシア的合理主義を感じ取りました(謎
検問受けた後に、チケットを確認し入場カードを受け取ります。
入場チケット自体は電子チケット化されていますが、ここでは必ず印刷したチケットとパスポートが必要です。
忘れた場合は入場できないので注意してください!

入場カード




会場内 案内板




そして会場内は本物の戦闘機と攻撃ヘリが目の前にあります!!
これは来て最高でしたよ!!




関係者になると、柵の中に入れてもらえて操縦席に座れたりします。ああ関係者になりたい
ミサイルランチャーをバック掛けにしていますw



展示物は飛行可能ですので、飛行展示のために時々運搬している光景も




5000m近い滑走路を誇る会場なので、飛行展示会場も圧巻です!
会場内は芝生なので寝転がれます、結構ここで日向ぼっこや昼寝をする方が多かったです。
ここで昼寝しましたが、とても気持ちよく寝れましたw いい天候だからこそ出来ますね。



飛行展示エリアで、うつ伏せに寝ている女性を初めて見た時は驚きましたよ
死んでいるんじゃないのか!?って・・・幸い転がっているので死んでいなかったですけど心臓に悪い。
警邏中の警察官もスルー決めていましたし。
余談ですが、後ろに見えるパラソルみたいなところは
展示会社が出展しているVIPルームで、ここでゲストと一緒にお酒を飲みながら優雅に航空機を観戦できるところです。



なおヘリの展示飛行のさいには、強烈なダウンウォッシュ&砂が直撃しますので、観戦の際にはお気をつけあれ



飛行展示も事前プログラム通りではないのでアレですが、飛行展示内容はどれも素晴らしい演技でした。
特に生のPAK FA T-50が見れたのが良かったですよ!!
実際にエンジン音を聞きましたが、専用エンジンということもあり凄まじい音量でした。
機動飛行も機体の性能や限界を把握できたのか、Su-30に負けていない演技で完成度が高められていると実感しましたね。





そしてモスクワ旅行前のサプライズニュースである「MiG1.44」の初展示に当り、このニュースが日本中を騒がせました(誇張

航空ショーでステルス機初披露
http://jp.rbth.com/science/2015/08/18/390787.html

MiG1.44は、1999年にジャーナリストに軽く披露された時を除けば、まだ誰も目にしていない戦闘機。
この飛ぶ姿をMAKS-2015で観客は見ることとなる。1999年の披露の際には、滑走路しか走っていなかった。


この飛ぶ姿をMAKS-2015で観客は見ることとなる。
実際はまったく飛びませんでしたよ!!ちくしょぉおおおおおお!!!



嘆きはさておいておいて、とうとう展示としては初披露となったMiG1.44です。



PAK FA T-50の開発により、お蔵入りとなった悲劇の機体ですが
PAK-FAとは違う方向性を秘めたステルス機だったと思いますね。

各展示物や会場内の警察については別記事にて  
Posted by CRS@空挺軍 at 17:27Comments(0)ロシア旅行記

2015年09月06日

ロシア旅行記 第1日目

Здравствуйте!

8月25~9月1日まで、ロシア連邦 モスクワ周辺を観光してきました!

ついに念願のロシア連邦です!! この旅行にお誘いくださりました小泉悠先生には深く感謝しております。

さてモスクワに行くには色々なルートがありますが、ここはアエロフロート航空で直接行くことにしました。
成田空港からシェレメーチエヴォ国際空港までのフライト時間は、およそ9時間20分~10時間10分です。



飛ぶ前に嬉しいハプニングがありまして・・・

空港スタッフ「エコノミーの席がございませんでした。ビジネスクラスのお席に移動となります。」

なんとビジネスクラスへの搭乗ですww!!
というわけで行きはビジネスクラスにて優雅な旅を過ごしました(本持って来るのを忘れたので暇つぶしが苦痛でしたが
その分料理とワインが楽しみでした、赤ワインが本当に美味しかったです。
料理はフルコースで出されます、ここがエコノミーとの違いですね。



長い長い飛行時間の末・・・・ついにシェレメーチエヴォ国際空港に到着!!



ついに念願のロシア連邦入りです・・・・長年の夢が叶いました。



そういえば私達が来る前に良く解らない日本人が暮らしておりましたが、彼は何がしたかったのでしょうね??

露空港に日本人:「偽りの土地に帰りたくない」 男性2カ月生活
http://mainichi.jp/feature/news/20150801mog00m030012000c.html

2ヶ月シェレメチエヴォに住んだ日本人、日本へ帰る
http://jp.sputniknews.com/russia/20150807/708779.html#ixzz3kxSV3MVE

それはさておき、入国審査を終え荷物を受け取りに行く最中・・・・
なんか入国管理局か警察に拘束されている人を見ました・・・・見なかったことにしよう はい



先行きが不安になるなか、私が話題にしていたロs、あ、いや、礼儀正しい人!の看板があるので見に行ってみました。



この看板の正体は!!

お 店 の 宣 伝 看 板 で し た ! !



・・・・・なんか壮大なるオチでしたが まぁ良しとしましょうか。空港の土産物屋は、本当にプーチン大統領Tシャツが多かったですね。
ロs、えーとその、れれ礼儀正しい人のTシャツなら欲しいですけど、大統領は(PAM!

空港から市内までは、直通列車がありますので移動します。
おや?プラットフォームに見慣れた自販機が



まさか遠く離れたロシアで日本製品を見ることになろうとは、帰国後調べたら自販機ビジネスを行っているようですね。

ロシアで自販機は定着するのか? ダイドードリンコの挑戦
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1502/18/news005.html

電車を移動後、タクシーでホテルまで移動しました。



初めてモスクワ周辺の土地を感じたときの感想は

土埃が凄まじい!!!

これは停車中の自動車を見ると良く解るのですが、土埃が凄まじく散水車がひっきりなしに水を撒いていますが追いついていません。
信号類も冬場の除雪を考慮してか、低く立てられているのが印象的でした。
ホテルに荷物を預けて、時間もあったので赤の広場周辺を散策してきました。

赤の広場に行くために、モスクワの地下鉄を利用。
モスクワの地下鉄の深さは事前知識で知っていましたが、やはり深いところにありましたね
そしてドアはギロチンみたく閉まる(挟まれたら死ぬ)騒音が酷いものですが、市民の足として有効に活用されていたのを実感しました。

そしてルビヤンカ (Лубянка)駅に到着、ここから赤の広場まで徒歩行けます。
無論 皆連想するであろう あのФедеральная служба безопасности Российской Федерации、略称:ФСБの本部があるところです!!!



おお ここがあのルビヤンカかぁ・・・と佇んでしまいましたw 中に入ることをないように祈りたいものですねww

近くには子供向け商品の百貨店『子供の世界』(ジェーツキーミール)(Детский мир)があり、KGB時代は本部要員が自分から名乗る場合には
「こちらは百貨店「子供の世界」の隣の者だが」という具合に呼称していたという話がありましたが、本当に隣接しているので確証を得ることを出来ましたね。



駅から歩くこと・・・ついに赤の広場に到着しました!!!



大変残念なことですが、クレムリン国際軍楽祭が開催されるため広場の大部分が柵で覆われておりました。
イベント会場として機能する広場ですので、これは仕方がありません。夜中でも沢山の観光客が訪れており、舗装石には5月9日で使われた戦勝記念パレードの目印も残されておりました。

余談となりますが、クレムリン国際軍楽祭には日本も参加し、秋田の竿燈祭りがモスクワ市民に公開されます。
http://www.kremlin-military-tattoo.ru/ru/participants/?arrFilter_122_2473281379=Y&set_filter=Y

そしてグム百貨店へ 総合デパートで、空間の使い方が上手いですね。
煌びやかな作りで、一日いても飽きなさそうです。



百貨店内にあった、スイカのタワーとソ連のヴィンテージカー紹介コーナー
噂には聞いていましたが、スイカがデカい・・・何故こんなに大きい食べたい(そこかよ



夕食はソ連時代の食堂をモチーフにしたお店で「СТОЛОВАЯ №57」と言う店名です。
カフェテリア方式で色々な食材を自由に選択します。
量が多くて食べ切れませんでした・・・人それを取り過ぎという。
でも味は素晴らしいです!また食べてみたい店ですね!!!







最後に色々とお世話になっております ひづき夜宵先生作成のВерный アクリル フィギュアとアエロフロート ビジネスクラス特典 ポシェット



そして次の日は・・・ロシア旅行の目的の一つへと向かいます!!



次回の旅行記は 遥かなるMiG 頑張れMiG Suに負けるなMiG です ご期待ください!!

【宣伝】 ひづき夜宵先生は「Верныйのロシアつあ~ず」を初め、ロシア紹介本を数多く出されておりますので、未読の方は是非に!!
私も参考にさせて頂きました!! 

https://hakke.booth.pm/ 

またウラジオストク、ハバロフスク、サハリンのロシア極東の三都市の旅行記も楽しみにしております!


  
Posted by CRS@空挺軍 at 22:19Comments(1)ロシア旅行記