2015年12月02日

第 2 回「"プチ" コールドターキー」 装備構成

ちゅう氏主催の第 2 回「"プチ" コールドターキー」に参加し、当日の作戦行動をレポートとして記載しましたので
ご覧に頂けると幸いです。掲載を許可してくれましたミリタリーブログ様 本当にありがとうございました。

現用戦シナリオゲーム第 2 回「"プチ" コールドターキー」が開催
http://news.militaryblog.jp/e714339.html



当日の装備構成



LCT製AK74M
FORT製エメラルドDefender-2Molle
Костюм тактический "TUU"
FORT Voin Kiver RSP ヘルメット
Trezeta Hunters

ターキー前にFORT製エメラルドDefender-2Molleのセットにある
ガスマスクポーチが届いたのが助かりました。
ポーチの構造が面白く、レッグとしたり腰回りに装着可能なので装着場所に困りません。



上部にあるファスナーから判断するにダンプポーチも兼用している可能性がありますね。
実際にこのファスナーからガスマスクを出すのは無理でした。今回のゲームでは水筒入れとして大活躍でした。
当初はレッグパネルを装着しましたが、足元が悪いためマガジン損傷・紛失防止のためにガスマスクポーチに変更しました。





左側に装着しているのはと言う名称で、マガジンを素早く抜くことを追及したポーチです。
本来の仕様であればバンジーリテンションコードで、、素早くマガジンを抜くことができるのですが...私のは隊員放出品らしく
バンジーリテンションコードを切り落とした個人カスタム品なのです。



黒仕様のも所持していますが、正直に言って仕様ではバンジーリテンションコードはいらないですね。
切り落とした隊員の気持ちがよく解ります。実際の画像でも切り落とした隊員が数多くいます。

作戦行動中



ちゅう氏ブログより

何度もMIAとなってしまうロシア アルファは、米軍とはまた違うノリと交戦規定により怪しさ抜群な中、ものいえぬ殺気を放っておりました。。。

本部の指示が悪いのです これは米国帝国主義の陰ぼ 木が生い茂る中での行軍が楽しかったのでつい散歩していました 今は反省しておりません(謎
今回の舞台となった「SWAT フィールド」は森林が生い茂り、まさに南米にありそうなジャングルな光景であり、中心部は山岳地帯に近い雰囲気を楽しめます。
特にハーネス・チェストリグを装備し、バックパックを背負った偵察兵装備で駆け巡りたいものですね!! ただあまりにも細い小枝が多いので、ギリースーツだと行軍に支障がある可能性があります....

長くなったので次回は念願のシールド運用についてです。



同じカテゴリー(サバゲ)の記事画像
地域のロシア連邦保安庁所属特殊部隊装備
現用戦リエナクトイベント「オペレーション:コールドターキー04」 装備紹介 その2
現用戦リエナクトイベント「オペレーション:コールドターキー04」 装備紹介 その1
5/1・5 F2プラント出撃編
本家ちゅうサバ開催?
Mil-Tec arid-woodland
同じカテゴリー(サバゲ)の記事
 地域のロシア連邦保安庁所属特殊部隊装備 (2018-04-15 17:45)
 現用戦リエナクトイベント「オペレーション:コールドターキー04」 装備紹介 その2 (2016-11-09 23:22)
 現用戦リエナクトイベント「オペレーション:コールドターキー04」 装備紹介 その1 (2016-11-08 21:08)
 5/1・5 F2プラント出撃編 (2016-05-07 23:01)
 本家ちゅうサバ開催? (2016-04-24 21:33)
 Mil-Tec arid-woodland (2016-04-24 21:11)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。