2016年11月09日

現用戦リエナクトイベント「オペレーション:コールドターキー04」 装備紹介 その2

ト「オペレーション:コールドターキー04」 装備紹介 その2
今回はバックパックの紹介です。



ドイツのリュックサックメーカーである deuter製のバックパックを着用しました。
これは近年 FSB特殊任務センター所属 アルファ部隊を始めとし数多くの事例が確認されています。
意外かと思われるかもしれませんが、FSB特殊任務センターを特集した有名なこの動画でも確認出来ておりますね。

Спецназ. Успеть вовремя/Special Forces. Just in time



deuter製 バックパック



着用例



実際に着用してみると同社の十八番である快適かつ安定性の高い背面システムのお陰で、フィット感と通気性が素晴らしいものでした。
これなら着用する隊員が見かけるのも解る次第です。deuter製の他にもイタリア製バックパックを着用しているとの情報もあり
ここら辺はまだ自国産ではなく、実績のある海外製を使っているものと思われます。
なおロシアお馴染みのマットパッドをバックパックに装着しているのは、特殊部隊員の真似で深い意味はありません(笑)
行軍の邪魔になるので、使わない時はバックパックに装着しているのでしょうか?




同じカテゴリー(軍装)の記事画像
R-KARBID СЕВЕРЯНИН(セヴェリャニン)
地域のロシア連邦保安庁所属特殊部隊装備
ЛШЗ-1+
インスパイアイベント 撮影会
Coming soon...
第二回米露合同演習
同じカテゴリー(軍装)の記事
 R-KARBID СЕВЕРЯНИН(セヴェリャニン) (2018-12-08 22:40)
 地域のロシア連邦保安庁所属特殊部隊装備 (2018-04-15 17:45)
 ЛШЗ-1+ (2018-01-08 20:32)
 インスパイアイベント 撮影会 (2017-12-17 23:04)
 Coming soon... (2017-12-07 23:13)
 第二回米露合同演習 (2017-11-20 20:33)
Posted by CRS@空挺軍 at 23:22│Comments(0)軍装サバゲ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。