2013年05月06日

ロシア連邦軍 新設特殊部隊

21世紀型の軍事紛争に対応するロシア特殊作戦ユニット創設へ

ロシア連邦軍 ゲラシモフ参謀総長が
21世紀の軍事紛争する対応する部隊を新設すると発言に呼応して
新たなロシア連邦軍特殊部隊の演習が公開されています。





動画の冒頭では高高度降下低高度開傘
(英: High Altitude Low Opening, HALO(ヘイロウ))を行っていますが
これはロシアでは非常に珍しい光景です。



また彼らが着用している迷彩服は、特殊部隊用に開発されたものです。
Ops-Core FAST(?)を着用しているのは興味深い所です。

Новая полевая форма сил специального назначения для особо жаркого климата

乾燥地域用迷彩服であり、同地域を想定しているKSOR迷彩服のパターンを参考にしたようです。

そして降下後には着替えていますが、それがなんとマルチカムを着用していることです。









Ops-Core FAST(?)にヘッドセットを装着しており
これまでの連邦軍所属特殊部隊員とは、まったく違う装備を着用していることに注目すべきです。
ただ動画を見る限り、スメルシュハーネスを装備している隊員がいることから
完全に西側に移行した装備ではないようですね。

ロシア圏では、この部隊のことを
Силы специальных операций (ССО)訳:特殊作戦部隊 と呼んでいます。
ただし現在の彼らの管轄が、ロシア国防相直轄になるかGRU(ロシア連邦軍参謀本部情報総局)
の管轄下に入るかどうかでまったく意味合いは異なってきます。
こうした海外の作戦行動を前提とした部隊ですと、諜報機関であるGRUの管轄になる
GRUの判断で動かされる場合もありますが、現時点では推測でしかありません。
現在試験運用の最中ですが、連邦軍管轄下の特殊部隊から選抜した部隊構成かもしれません。

他にも海外の作戦行動には、輸送支援が不可欠です。
著名な例が米軍が誇る
第160特殊作戦航空連隊(通称、ナイトストーカーズ)」が挙げられます。
優秀な特殊部隊員がいたところで、作戦地点に辿り着けなければ何の意味も無いことから
米軍は特殊作戦に適した航空部隊を編成し、多大な戦果を挙げています。
ロシアでもこうした特殊作戦に適した航空部隊を編成するかどうか注目するところですね。

余談
実はロシア連邦軍では、上記の部隊よりもずっと前に新設されている特殊部隊が存在します。
第100独立偵察旅団という部隊で
2009年1月1日 北オセチア共和国のモズドクにおいて編成し
独自のヘリ部隊及び無人航空機を保有しています。
ただ近年同旅団を解散させる動きがあって情報が錯綜しているのも事実です。

2013年5月19日追記

Учения Сил специальных операций Минобороны



Силы специальных операций (ССО)訳:特殊作戦部隊 の演習をGoProにて
撮影した赤星チャンネル公式動画です。
まさかGoProで撮影したのを公開するとは思いませんでした。









演習ではEOTec社のホロサイトを装着した隊員が確認できましたが、撮影に協力したこの隊員は
見慣れない光学機器を取り付けています。この光学機器の名前は(現時点では確証は持てませんが)

Коллиматорный прицел «Кречет-М»





何故か上下逆に装着していますが、上下両方でも使えますよというアピールでしょうね。
ダイヤルの形状&位置と表記から見て、この光学機器であると私自身は考えています。  

Posted by CRS@空挺軍 at 21:09Comments(4)ニュース

2013年04月14日

ロシア連邦軍 狙撃銃の動向

ロシア連邦軍における狙撃銃は言うまでもなくドラグノフ狙撃銃(Снайперская винтовка Драгунова)ですが
近年におけるロシア連邦軍狙撃銃動向は、目まぐるしく変化しており
ここでその動向を書き記したいと思います

MVDやFSBは独自の狙撃銃の調達しており、皆様ご周知の上ですので
ここでは連邦軍のみ取り上げたいと思います

まず2年前にはこんなニュースが報じられました
Снайперская винтовка Драгунова проиграла войну

長年に渡り、ソ連/ロシア連邦軍の狙撃銃として採用されたSVDを退役させるという話です
これはSVDは各国の狙撃銃として陳腐化しており、早急に退役させ新型狙撃銃を導入すべき
という話でしたが、今の所はSVDの退役話は出てきておらず現在もSVDを運用しています

しかしながら一部連邦軍で外国製狙撃銃を導入しております

ロシア空挺、特別任務用に初の国外製狙撃銃を採用
ロシア通信 RIA Novosti によると、これら断片的に公表された情報を基に、対象モデルは "Steyr-Mannlicher SSG-69" と推測

実際にはSteyr-Mannlicher SSG 04& Steyr-Mannlicher SSG 08

が採用され、空挺軍の狙撃兵に支給しています

Соревнования снайперских пар ВДВ (Airborne troops snipers competition)





実際にに空挺軍狙撃兵が、Steyr-Mannlicher社製狙撃銃を使って射撃しています



Steyr-Mannlicher SSG 04は空挺軍のみならず
GRUスペツナズ山岳部隊の狙撃兵にも支給されています

第7親衛空挺師団



GRUスペツナズ



第34山岳旅団



そしてロシア連邦軍ではこのような動きもあります

Возьми на мушку

狙撃手学校設立の話 運用する銃はSVDとVSSだが
GRUスペツナズ用に外国製狙撃銃を導入すると明記(実際にはもうしております)

狙撃手学校関連ニュース

what-it-is-like-to-be-a-sniper

Элитная школа для военспецов

В Восточном военном округе начала действовать школа снайперов

В Краснодарском крае новобранцы снайперского отряда спецназа приступили к учениям

Курсанты школы снайперов ВВО совершенствуют навыки стрельбы и ведения боя


現在ロシア連邦軍では、狙撃兵を育成する学校を創設し
約3ヶ月の訓練を掛けて狙撃兵を部隊に送り出します、使用する銃器はSVDが主流です
大祖国戦争ではあんなに狙撃兵を有する軍隊でもあったのですが
ようやく狙撃兵という専門職が復活したのです
なお学校ではSV-98やSSG04などのボルトアクション式狙撃銃は殆ど教えていません

さてここまで読んだ方が疑問に思うことはあるでしょう・・・それは!

SVDの運用が続行されることや外国製狙撃銃のことは解ったけど
СВ-98(SV-98)はどうなっているの??


イズマッシュ社がSVDの後継用に開発したボルトアクション式狙撃銃СВ-98(SV-98)
確かに連邦軍狙撃銃として採用されましたが、現在本狙撃銃を運用しているのは・・・・

第4軍事基地(南オセチア)
第7軍事基地(アブハジア)の狙撃兵のみ


信じられませんが本当です・・・・

第4軍事基地(南オセチア)・第7軍事基地(アブハジア)にて運用されるSV-98







連邦軍上層部がSV-98に対してどのような不満があるのか不明瞭です
MVDやFSBではSV-98は愛用されていますが
連邦軍とは対照的であるのが興味深い所です

現在イズマッシュ社では、SVDの後継狙撃銃を目下開発中とのことですが
作動方式がボルトアクションなのかセミオートなのか不明です
ロシア連邦軍次期狙撃銃が如何様なモノに仕上がるのかも楽しみです

余談:長々しくなるので省略しましたが、GRUスペツナズではSteyr-Mannlicher社製の他にも
外国製狙撃銃を導入しています 一国の軍隊にはその国で製造された兵器を導入するのは過去の時代になったとも言えるでしょう  

Posted by CRS@空挺軍 at 21:07Comments(1)ニュース

2013年04月13日

【ステマ】『ミリコスガールズ』【ステマ】

実はこの装備本に協力していました(笑)

『ミリコスガールズ ‐Military Equipment Girls‐』

国内屈指の本格装備、資料価値の高い美形起用のグラビア本が発売

本の少しのばかりの協力ですが、皆様に見ていただけると幸いです
ロシアも米軍装備風になりつつあるので、私は大変参考になりました

今回は米軍特集ではありますが、是非とも第2弾を出したいという先方の願いもありますので
皆様是非ともお買い上げください!!宜しくお願い致します

P S 第2弾はロシア装備も特集できるかもしれませんよ  

Posted by CRS@空挺軍 at 16:49Comments(4)ニュース

2012年08月30日

長編フルCGアニメーション『バイオハザード ダムネーション』

フルCGアニメ映画 バイオハザード ディジェネレーションの続編である
長編フルCGアニメーション『バイオハザード ダムネーション』が10月27日 全国ロードショーとなります

映画『バイオハザード ダムネーション』特報



『バイオハザード ダムネーション』公式サイト
http://www.biohazardcg2.com/

8/10はバイオの日、キービジュアル&特報が解禁に
http://news.militaryblog.jp/e353187.html

なぜこのブログで取り上げるのかというと・・・・

この長編フルCGアニメーション
『バイオハザード ダムネーション』 において
私 CRS@VDV が製作に携わりましたことを
ご報告致します!


今は発表はこれしか出来ません、公開日まで楽しみ待ってくれれば幸いです
また自分の好きなゲームに携われたことは一生に残る思い出であり、光栄の極みでございます

バイオハザード ダムネーション』は10月27日 全国ロードショー! 是非とも本作をご覧になって頂ければ幸いです  
タグ :ニュース

Posted by CRS@空挺軍 at 23:09Comments(0)ニュース

2012年05月21日

米露合同軍事演習開始!

ロ空挺部隊 米国に出発
ttp://japanese.ruvr.ru/2012_05_12/beikoku-roshia-gunji-enshuu/

12日、ロシアの空挺部隊の代表団は
コロラド州のフォートカーソン基地で行われる
初の反テロ共同演習に参加するため米国へと向かった。

今回の共同演習には
米国側からは陸軍特殊作戦部隊がロシア側からは特殊部隊の偵察班が参加する。

ロ米両国の空挺部隊は、偵察・破壊工作ミッションにおいて
国際テロ組織の大規模な施設の発見および占拠を想定した軍事訓練を共同で行う。

タス通信


ついにロシア軍が米国本土で米軍との合同軍事演習を行う時代になりました。
これまでの米露における歴史において史上初めてのことです。







さて気になるのは、「一体どの部隊が参加しているのか?」です
まず報道をよく見てみましょう

今回の共同演習には、米国側からは陸軍特殊作戦部隊が、ロシア側からは特殊部隊の偵察班が参加する。


今回の演習の舞台となるコロラド州のフォートカーソン基地においては
第4歩兵師団と第10特殊部隊グループが駐屯しています。
つまり陸軍特殊作戦部隊というのは、この第10特殊部隊グループを指しています。

逆にロシア側は「特殊部隊の偵察班」ぐらいのニュアンスでぼかされています。
しかしロシア側の報道を丹念におっていくとКубинка「クビンカ」というキーワードが出てきます。
戦車好きにとってはクビンカ戦車博物館で御馴染みの所ですね。

このКубинка「クビンカ」に駐屯しているのは
ロシア空挺軍最精鋭部隊である第45独立親衛特殊任務連隊のみです
ロシア軍において空挺ベレーを着用するのは、GRUスペツナズぐらいですが
ここでは明確に空挺部隊と書かれているので違うでしょう
流石に諜報関連が行ったら色々と問題になります。

またこのような報道もあります
第45独立親衛特殊任務連隊が駐屯するクビンカ市HPが
この米露合同軍事演習のニュースを取り上げています

Российские десантники и спецназ США впервые проведут совместные учения
ttp://www.kybinka.info/content/view/2071/1/

何故わざわざ市のHPが取り上げるのでしょうか?

以上のことからアメリカ軍特殊部隊第10特殊部隊グループと合同演習を行っているのは
第45独立親衛特殊任務連隊と推測できます 彼らが腕章を付けていれば確定だったのですが
残念ながら付けていません・・・

また演習は初の米本土での演習のみならず、初の特殊部隊同士の演習でもあるのです
これは今までは考えられないことです。
米露が特殊部隊同士の訓練を合同で行うとは一体誰が予想できたでしょうか?

さて前置きが長くなりましたが、現地のロシア軍は、米軍から装備を借りているようです。












なんかこう凄いサバゲーマースタイルですね!
パルチザン迷彩服というのがさらに面白い所です、是非これは再現して(検閲削除



流石 アメリカ陸軍特殊部隊群 ロシア語にも対応済みです
もうロシアにM4あるじゃないかという意見は無視します

何はともあれ、この演習は注目しております。

注 現時点ではアメリカ軍特殊部隊第10特殊部隊グループと合同演習を行っているのは
第45独立親衛特殊任務連隊と推測しておりますが
間違っている可能性もございます
間違っていた場合は訂正してお詫び申し上げます


5月21日追記

Российские десантники проводят учения в США
http://www.rg.ru/2012/05/16/desant-anons.html

国営紙「ラシースカヤ・ガゼッタ」より

В Форт-Карсон прибыла группа военных из разведывательного подразделения 45-го отдельного полка спецназначения, расквартированного в подмосковной Кубинке, а также представители командования Воздушно-десантных войск РФ.


アメリカ軍特殊部隊第10特殊部隊グループと合同演習を行っているのは
第45独立親衛特殊任務連隊で確定となりました。
  

Posted by CRS@空挺軍 at 01:35Comments(3)ニュース