2016年01月11日

北極用迷彩服

現在 ロシア連邦軍は北極圏の防衛に本腰を入れ始めており
今年もさらなる拡張が予想されます。

迷彩服をまとった北極
http://jp.rbth.com/multimedia/infographics/2015/11/10/539003

ショイグ国防相:北極および西方向での活動が強化される
http://jp.sputniknews.com/politics/20151211/1306833.html

北極圏に展開した防空システムПанцирь-С1
独自の迷彩が施されていることに注目です。



そんな中ロシア海軍北方艦隊隷下の部隊に、これまでの雪中迷彩とは違う迷彩服が支給されていると
話題になっておりました。ロシア連邦軍においては雪中迷彩スーツを迷彩服の上に羽織るものでありましたが
専用の迷彩服が支給されるのはこれが初めてです。この専用の迷彩服が支給されている部隊は第80独立北極自動車化歩兵旅団であることが判明しています。
暫定的に北極用迷彩服として呼称したいと思います。
迷彩パターンとしてはデジタルフローラに近く、パターンは同じで迷彩柄を雪中仕様にしたものと思われます

北極用迷彩服





そしてあるロシア人ブロガーが、この北極用迷彩服一式セットを公開しておりました。
見る限り、VKBOに近いデザインで下着・衣服までバックに詰められて支給されるようです。
VKBOがロシア連邦軍の標準型戦闘服仕様になった以上、これから配布される戦闘服はVKBOに準じた仕様になるのは当然とも言えます。

Обмундирование Арктических мотострелковых бригад.
http://rus-voenkom.livejournal.com/610.html

現在 第80独立北極自動車化歩兵旅団を中心に配布が進んでおり、その姿を見ることが出来ます。
ただし同旅団では通常のVKBOも支給されていることから、基地内勤務等で使い分けているのでしょう。
第80独立北極自動車化歩兵旅団は北極圏防衛のために新設された部隊であるので、この迷彩服のテスト運用を行っているものと
推測されます。このテスト運用しだいでは北方艦隊の標準迷彩服化や一部空挺軍や海軍歩兵も着用するかもしれません。





第80独立北極自動車化歩兵旅団





ただ一つ謎なのが、6sh116を初めとするアサルトベストやポーチは通常のデジタルフローラのままで
北極用迷彩仕様のアサルトベストやポーチが出回っていないことです、ポーチ類は白のテープや塗装でごまかせという判断なのか不明ですが
ゆくゆくは北極用迷彩仕様のアサルトベストやポーチが出回るのではないでしょうか?




同じカテゴリー(軍装)の記事画像
ФОРТ Технология  Гладиатор-В (Gladiator-V)
ロシア連邦軍新型砂漠迷彩服
露製品と米製品?
«ДэнКом» ГСШ-4Э (Dencom GSSh-4E)ヘッドセット
現用戦リエナクトイベント「オペレーション:コールドターキー04」 装備紹介 その2
現用戦リエナクトイベント「オペレーション:コールドターキー04」 装備紹介 その1
同じカテゴリー(軍装)の記事
 ФОРТ Технология Гладиатор-В (Gladiator-V) (2017-08-14 17:29)
 ロシア連邦軍新型砂漠迷彩服 (2017-06-12 21:59)
 露製品と米製品? (2017-02-21 03:05)
 «ДэнКом» ГСШ-4Э (Dencom GSSh-4E)ヘッドセット (2016-12-19 22:43)
 現用戦リエナクトイベント「オペレーション:コールドターキー04」 装備紹介 その2 (2016-11-09 23:22)
 現用戦リエナクトイベント「オペレーション:コールドターキー04」 装備紹介 その1 (2016-11-08 21:08)
Posted by CRS@空挺軍 at 21:00│Comments(0)軍装
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。