2012年06月24日

デジタルフローラ? デジタルプラント??

08年にロシア連邦軍に制式採用され、現在も着用者が増え続けているデジタルフローラ迷彩服



同じような迷彩色でSPLAV社が販売しているプラントデジタル迷彩服があります



このSPLAV社のプラントデジタル迷彩服はロシア連邦軍の制式迷彩服ではありません。
またデザインもパターンと色合いも違っております。

帽子ではありますが、比較してみました。
色合いもパターンも違っているのがお分かりになるでしょうか?



違うところ簡潔に挙げていきますと

デジタルフローラ制式採用型

① 肩にエポレットがなく胸に階級章を装着
② ジャケットのポケットは2つ
③ 袖口はベルクロで留め

SPLAV社 デジタルプラント戦闘服

① 肩にエポレットがあり、旧来通りに階級章は肩に装着
② ジャケットのポケットは4つ
③ 袖口はボタン留め

SPLAV社 デジタルプラント戦闘服は、同社の戦闘服シリーズの色違いです。
デジタルフローラ制式採用型は一からデザインを変えているのが最大の特徴です。

またMOLLE仕様の6sh112アサルトベストもデジタルフローラ迷彩仕様もあることから
SPLAV社のMOLLE仕様タクティカルベストを着用している連邦軍兵士は見たことがありません。
ただしM23チェストリグなど、旧来のアサルトベストを着用している兵士はいます。
呼称に関しても「デジタルフローラ」が一般的です。

この違いを頭の隅でも良いので、覚えてくださると幸いでございます。

デジタルフローラ制式採用型 着用例










P.S
もしかするとまたデジタルフローラ制式採用型のデザインが変更になるかもしれません。
現在一部部隊に支給され、テスト中とのことです。変更案は米軍のACUに似ているデザインとなっています。







同じカテゴリー(迷彩)の記事画像
地域のロシア連邦保安庁所属特殊部隊装備
第二回米露合同演習
ФОРТ Технология  Гладиатор-В (Gladiator-V)
ロシア連邦軍新型砂漠迷彩服
露製品と米製品?
現用戦リエナクトイベント「オペレーション:コールドターキー04」 装備紹介 その1
同じカテゴリー(迷彩)の記事
 地域のロシア連邦保安庁所属特殊部隊装備 (2018-04-15 17:45)
 第二回米露合同演習 (2017-11-20 20:33)
 ФОРТ Технология Гладиатор-В (Gladiator-V) (2017-08-14 17:29)
 ロシア連邦軍新型砂漠迷彩服 (2017-06-12 21:59)
 露製品と米製品? (2017-02-21 03:05)
 現用戦リエナクトイベント「オペレーション:コールドターキー04」 装備紹介 その1 (2016-11-08 21:08)
Posted by CRS@空挺軍 at 19:40│Comments(3)迷彩
この記事へのコメント
初めましてYSWと申します
現在でもデジタルプラントは使用されてないんですかねぇ
少し前に連邦軍の一部で使用されていると聞いたのですが…
6b27や6sh112のデジタルフローラと合わせるとやっぱり違和感バリバリですかね…
Posted by YSW at 2015年05月27日 13:43
>YSW氏
現在はVKBOが支給されましたので、余程のことが無い限り
着用することは無いと考えております。
Posted by CRS@空挺軍CRS@空挺軍 at 2015年05月27日 21:28
成る程、VKBOの物を購入することにします。
多分ご存知だと思いますが、SPLAVの迷彩服のデザインが更新されてまして(数年前?)袖口がベルクロやポケットが2つになってました。肩の階級章は変更になっていなかったので、そこを見とけば…後悔しております。
情報、有り難う御座いました。
Posted by YSWYSW at 2015年05月28日 00:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。